学士課程教育機構の取り組み

2010年4月に、建学の理念に基づく創造的な21世紀の地球市民育成に寄与することを目的とする、「学士課程教育機構 School for Excellence in Educational Development (SEED) 」を設置いたしました。
 これは、「共通科目運営センター」と、「教育・学習支援センター(CETL)」、「ワールドランゲージセンター(WLC)」を包括し、共通科目に関する教育を中心としながら、各学部の教育とも連動した学士課程教育の質向上に必要なプログラムの開発、授業運営、評価・改善を担うものとしています。
 本学の学士課程教育が、建学の理念や目標をさらに具現化し、創造的人間の育成―21世紀の地球市民の輩出に大きく貢献する教育改革を今後も推し進めていきます。

また、2008年には、教員の教育研究活動の向上を目的に、「創価大学FD(ファカルティ・ディべロップメント)委員会」を設置しました。教員一人一人の教育力・研究能力を高めるために、教員間の協働の場を提供しています。

そして、2010年には、将来国際社会等での活躍を目指す学生のために、「GCP(グローバル・シティズンシップ・プログラム)」を開講しました。創価大学が有する優れた教育資源を提供し、建学の精神を具現化する地球市民を育成しゆくプログラムとしていきたいと考えています。

教育・学習支援センター(CETL)

学生の学習に対する要求の多様化という状況のもと、この理念を追究するために、本学は学習活動支援と教育活動支援が不可分であるとの認識に立ち、学生のための授業づくりを目指して教育・学習支援センターを設置しました。

ラーニング・コモンズ"SPACe"

ラーニング・コモンズ"SPACe"は、学部生や院生、留学生、教職員が各自の考えや経験をいかし、互いの学びをサポートしあう場所です。また、みなさんが仲間とともに、自由な発想で利用できる空間でもあります。SPACeはアクティブな学びに導くことで、みなさんの可能性を引き出したいと考えます。

ワールドランゲージセンター(WLC)

WLCは創価大学の語学教育の運営にあたる一方で、多彩な課外のプログラムを提供しています。コミュニケーションのツールとしての英語を、学生時代に使いこなせるようになっていただきたいと念願しています。

創価大学FD(ファカルティ・ディべロップメント)委員会

創価大学ファカルティ・ディべロップメント委員会は、「教員の教育研究活動の向上を目的」に設置されました。創価大学が50周年を迎える2020年を目指 した「グランドデザイン」では、「『創造的人間』を育成する大学」ということを変わらぬミッションとして確認をしました。

GCP(グローバル・シティズンシップ・プログラム)

「人類の平和を守るフォートレス(要塞)たれ」との建学の精神を具現化し、将来国際社会等の舞台での活躍を目指す学生の可能性をさらに伸ばすこのプログラムは、創価大学におけるオナーズプログラム(Honors Program)として位置づけています。

創価コアプログラム

創価大学では、2009年度から本学のカリキュラムを全面改編し、「創価コアプログラム」を導入しました。学士課程教育機構は、全学部に共通の基盤を提供するという重要な役割を担っており、このプログラムにより、創造的人間の育成と21世紀の地球市民の輩出を目指します。