研究・附属機関

このページの先頭へ

研究

本データベースは、創価大学の研究者について広く教育研究活動情報を、発信し、社会に対して本学の教育研究活動状況を公表するとともに、本学の教育研究活動の一層の活性化に寄与することを目的としております。
 所属・職名・市名は人事データに基づき毎年4月下旬に更新しています。その他の項目については研究者本人が随時更新しています。

創価大学では、文部科学省から示された「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成26年2月18日改正)に基づき、本学における公的研究費の適正な管理運営及び不正使用防止体制について、以下のとおり、取り組んでまいります。

このページの先頭へ

附属研究所

附属の研究機関として、昭和51年に平和問題研究所、昭和57年に比較文化研究所、平成元年に生命科学研究所、平成9年には国際仏教学高等研究所、平成16年には法科大学院要件事実教育研究所、平成18年には創価教育研究所が設置されました。

なお平和問題研究所に、アジア研究センター、アフリカ研究センターが、比較文化研究所にシルクロード研究センター、自然環境研究センターが、創価教育研究所には池田大作研究センターが設置されています。
今後も、6つの研究所、5つの研究センターを中心として、学問研究の充実を図っていく予定です。

平和問題研究所

平和問題研究所

創価大学平和問題研究所は本学建学の三精神の一つである「人類の平和を守るフォートレス(要塞)たれ」との理念に基づき、平和の達成に関する諸問題の調査・研究を行い、平和社会の建設と人類の福祉の向上に貢献することを目的として、1976年4月1日に設置されました。

・アジア研究センター
・アフリカ研究センター

「平和問題研究所」サイト

生命科学研究所

工学部と連携し、生命科学に関する先端研究を行っています。

国際仏教学高等研究所

国際仏教学高等研究所は1997年に創価大学に附置されました。本研究所は、人類共通の文化遺産としての仏教に対して、堅固な文献学的研究を基盤に、原典の批判的研究と思想史的研究を推進し、その研究成果をもって、人類の平和と繁栄に寄与することを目的としています。

「国際仏教学高等研究所」サイト

比較文化研究所

比較文化研究所は、 1981年11月1日に、本学附属の研究所として創立され、本学の建学の理念に基づき「日本及び世界の文化に関する諸問題の比較研究を行い、学術の進歩と文化の発展に貢献すること」を目的として活動しています。

・シルクロード研究センター
・自然環境研究センター

法科大学院要件事実教育研究所

法科大学院要件事実教育研究所

法科大学院における要件事実教育の充実と発展を目指し、平成16年10月1日に設立されました。今後は広く国の内外における要件実務教育の調査・研究、全国の法科大学院に呼びかけて行う研究会・シンポジウムの開催、共同授業、海外調査の実施等を計画しています。

「法科大学院要件事実教育研究所」サイト

創価教育研究所

創価教育研究所

創価教育研究所は、創価教育の思想と実践の研究を行い、学術の進歩と文化の発展に貢献することを目的として、これまでの「創価教育研究センター」 の事業を継承するべく開設されました。

「創価教育研究所」サイト

このページの先頭へ

教育施設

創価大学図書館には、貴重な書物を含め、約100万冊が所蔵されています。
各フロアには閲覧室があり、約120台のパソコンを設置。インターネットを自由に利用できます。

附属図書館

また「創価大学池田文庫」には、創立者が読まれた本など蔵書約7万冊が所蔵されています。

研究・学習に励む皆様のために、真に役立つ機関として御利用いただけるよう、誠意を込め親しみのある最高のサービスを提供することに全力を尽くします。

附属図書館

ラーニング・コモンズ”SPACe”は、学部生や院生、留学生、教職員が各自の考えや経験をいかし、互いの学びをサポートしあう共有のスペースで、多くの仲間とともに、自由な発想で利用できます。

ラーニング・コモンズ”SPACe”

少人数のアクティブラーニングからグループディスカッション、プレゼンまで、さまざまな使い方ができる「Learning Arena(ラーニングアリーナ)」や、オリジナルテーブルで課題に取り組むことができる「Peer Learning Zone(ピアラーニングゾーン)」などに加え、能動的な語学学習を進める「WLC Self-Access Center」(Chit Chat Club、Global Village、English Forum、iBT Speaking Center、Writing Center)などが設置されています。

このページの先頭へ

附属施設・センター

ワールドランゲージセンター(WLC)

ワールドランゲージセンター

創価大学ワールドランゲージセンター(WLC)は、1999年9月に、本部棟の落成と同時に設置されました。そのミッションステートメントには、外国語と異文化理解能力の促進を通し、21世紀の国際舞台で活躍する世界市民を輩出することを目標とするとうたっています。

「ワールドランゲージセンター(WLC)」サイト

教育・学習支援センター(CETL)

教育・学習支援センター

学生の学習に対する要求の多様化という状況のもと、この理念を追究するために、本学は学習活動支援と教育活動支援が不可分であるとの認識に立ち、学生のための授業づくりを目指して教育・学習支援センター(CETL)を設置しました。

「教育・学習支援センター(CETL)」サイト

キャリアセンター

キャリアセンター

キャリアセンターは、2004年9月に就職部が発展し開設しました。学生生活を「社会に出るための準備期間」と定め、学生の皆さんの将来・夢と学生生活をつなげるサポートを提供しています。

「キャリアセンター」サイト

教職キャリアセンター

教職キャリアセンター

2008年9月より教育学部棟(B棟)1階にオープンしました。従来の「教育学部事務室」、「教職大学院事務室」、「特設課程係」が一体となり、教育学部及び教職を志す学生のサポート充実のため新設しました。

「教職キャリアセンター」サイト

学士課程教育機構

本学の50周年を目指したグランドデザインの中で、教育戦略を担うセクションとして、学士課程教育機構が2010年度に立ち上がりました。共通科目の運営にあたる同運営センター、英語を中心とした語学科目の提供・運営を担うWLC(ワールドランゲージセンター)ならびに学習及び教育活動支援のCETL(教育・学習支援センター)の3つの機関を統合する形で、スタートをしました。

「学士課程教育機構」サイト

男女共同参画推進センター

「男女それぞれの特性を十分発揮しつつ、研究・教育活動を行い得る制度を構築し、そのために必要な事業を行うこと」を目的に、2014年4月に、創価大学男女共同参画推進センターがスタートいたしました。
男女共同参画の実現に向けて、そのあり方を検討し、様々な取り組みを実施する予定です。

「男女共同参画推進センター」サイト

心理教育相談室

心理教育相談室

様々な心の問題や、人間関係での悩み、お子様の発達についてなど、日々の生活の中で困っていることへのご相談に応じています。 ご自分では「ささいなことなのではないか」と思われたり、「人には言いにくい」と思われたりするようなことでも、相談していただければ今よりも毎日を楽に過ごせるかもしれません。

心理教育相談室について

国家試験研究室

国家試験研究室、通称“国研”は、本学におけるキャリアサポートの重要な一翼を担うべく、開学以来多くの人材を社会に輩出してまいりました。国家試験研究室は、会計・税務教育センターおよび行政教育センターからなり、わが国でも難関といわれる各種試験に数多くの合格者を生み出してきました。

「国家試験研究室」サイト

行政教育センター

外務省専門職員採用試験や国家公務員(総合職・一般職)、地方公務員試験などを目指す学生が利用します。

「行政教育センター」サイト

会計・税務教育センター

公認会計士や税理士を目指す学生のために、本学教員や専門学校講師だけでなく、現職で活躍する本学出身の弁護士や公認会計士、税理士、合格したばかりの学生が講師となって、きめ細かい指導を実施しています。

「会計・税務教育センター」サイト

全学FD委員会

全学FD委員会

創価大学ファカルティ・ディべロップメント委員会は、「教員の教育研究活動の向上を目的」に設置されました。創価大学が提供する授業が、学生に「学問」と現実社会とのつながりを意識させ、学問を通じた自己の成長を促す契機となるよう、努めてまいります。

「全学FD委員会」サイト

ジャーナリズム・センター

通教資格試験指導室

学生相談室

小・中・高校生・理数系科目学習支援センター

研究開発国際連携推進センター