ニュース

2014年08月22日

文部科学省「大学教育再生加速プログラム(AP)」に採択されました


 文部科学省が支援する大学改革の取組の一つである、平成26年度「大学教育再生加速プログラム(Acceleration Program for University Education Rebuilding : AP)」に創価大学が選出されました。この事業は、教育再生実行会議(3次提言、4次提言)等で提言された国として進める改革の方向性のうち、1.アクティブ・ラーニング 2.学修成果の可視化 3.入試改革・高大接続を行う取組を重点的に支援するものです。本学は、学士課程教育機構と経営学部を中心に準備を進め、申請しました。今回は、全国の国公私立大学等から250件の申請があり、そのうち46件が選ばれました(採択率20%)。

 本学の取組は、教育再生実行会議等で提唱された改革の方向性のうち、1.アクティブ・ラーニング、2.学修成果の可視化の2つのテーマに対応した複合型として採択されました。

<事業実施期間>


平成26年度(9月)~平成31年度 (5年間)

<取組の概要>


 正解のない時代にあって、授業と実社会を架橋する課題解決型AL科目の充実が急がれる。併せて、適確な状況把握とそれに基づいて自らの対応を考える力(自己評価力)の養成が求められる。本取組は、アクティブ・ラーニング(ALと略す)の質的向上により授業外学習時間の増加と理解度の向上を図る。また、ALによって期待される学修成果の可視化を、様々な評価指標の開発を通じて加速させ、評価の文化を醸成する(下図)。



 本取組は、教員相互、学生相互に授業に対する自らの取組みを振り返る機会を与える。この相互評価により、教員は学生の成長のための授業を自覚し、学生は自らの学びに責任を持つ。切磋琢磨しあって能動的に学び、人間的に成長する学び舎の構築こそ、『人間教育の世界的拠点』形成に不可欠な改革であり、本取組をそうした改革推進の大きな契機と位置づけている。そこで、AL手法の導入を行いつつ、学年進行に応じた学修成果測定を主な機能とするアセスメント科目(3つのアセスメント・ゲート)を用意し、教える側と学ぶ側、双方がその科目の目標達成にどの程度貢献できたのかを点検する体制を整える。
 本学の教育目的の一つは、社会の平和と繁栄に資する価値創造に向けた学びの促しであり、いかなる困難にあっても価値の創造をやめない「創造的人間」の育成である。本取組において磨かれる、自らの学修過程や成果を正しく把握し、次への展望を描く力は、他者・社会への貢献を志向する「創造的人間」にとって欠かせない素養である。
 【注】経営学部を先導学部として取組を開始し、5年後には全学部に展開する。



◎参考 
  • 文部科学省ホームページ内「平成26年度『大学教育再生加速プログラム』の選定状況について」