ニュース

2017年01月05日

留学生が日帰り箱根駅伝応援ツアーを行いました

 1月2日に開催された「第93回東京箱根間往復大学駅伝競走」にあわせて、本学留学生の希望者を募り、日帰り箱根駅伝応援ツアーを行いました。

 97名の留学生が往路2区の鶴見区内で、本学留学生のムソニ・ムイル選手を応援しました。初めて駅伝を見た留学生も多く、メガホンで大きな声を出しながら沿道から声援を送りました。初めての箱根路を走るムイル選手や他大学の選手が走り抜けた際は、応援にも一段と力が入っていました。特に、アフリカからの留学生は、スワヒリ語でムイル選手に「がんばれ!」と熱いエールを送っていました。その後、横浜観光を行いました。

 留学生からは次のような感想が寄せられました。

「ムイル選手はとても速くて、一瞬で通り過ぎたので、応援する時間が思ったより短かったです。留学生の皆と一緒に応援できて、とても嬉しかったです。横浜観光でも友達と一緒にお正月を楽しむことができました」(フランスからの留学生)

「今日は真剣に走っているムイル君を間近で応援することができ、とても感動しました。留学中の良い思い出になりました。明日も駅伝部の皆さんを応援したいと思います」(スリランカからの留学生)

「ムイル選手とは日本語の授業でも一緒に勉強しているので、とても誇りに思っています」(ネパールからの留学生)