ニュース

2017年03月11日

各種就活イベントを開催しました

2018年春の採用に向けた企業の会社説明会が3月1日に解禁されるにあたって、2月27日に本学ディスカバリーホールで、学生の就職活動を支援するリクルートサポートスタッフ(RSS※)主催の「就職決起大会」が行われ、約850名が参加しました。また、27日、28日の2日間にわたって、キャリアセンター主催の「合同企業セミナー」、3月6日~9日「学内合同説明会」が開催され、民間企業就職を希望している学部3年生・大学院1年生等が連日約1,000名参加し、2017年度の就職活動がスタートしました。

 「就職決起大会」では、4年生の有志が歌とダンスのパフォーマンスを披露。映像企画に続き、ITコンサルティング企業に内定している奥谷優希さん(文学部・4年)が、自身の就職活動を振り返りながら、「周りの友達、先輩と励ましあって『自分はこれだけは譲れないのだ』という思いを強く持ち、自分を信じて就職活動に挑戦してください」とエールを送りました。
 その後、就職活動の本格的なスタートにあたって、各学部1名の学生が力強く抱負を述べました。最後に田代康則理事長があいさつに立ち、「就活をやっている中で大変なことがあるかもしれませんが、最後まで諦めず、逃げずに挑戦し、続けてください」と締めくくりました。

 「合同企業セミナー」では、参加された学生は、1日最大4社の説明会に出席しました。2日間ともに参加した学生は、「正直、就活は不安です。でも、支えてくれているRSSの先輩のアドバイスを受けながら、仲間とも励ましあって頑張ります」と決意を語りました。

「学内合同企業説明会」には、本学中央教育棟の23教室に分かれて実施しました。4日間で、99社の企業が来学しました。参加した学生は、「多くの企業があり、一つの企業に絞るのはとても難しい」、「様々な企業の説明を聞けて、いろいろと深く考えることのできた4日間でした」との声がありました。

※リクルートサポートスタッフ(RSS):学部4年生・大学院2年生の就職内定者が、就職活動に取り組む学部3年生・大学院1年生を支援するボランティアスタッフ

  • 「キャリアセンター」