ニュース

2017年06月16日

「本学と宮城県との学生UIJターン就職促進に関する協定」を締結しました

 本学学生の宮城県へのUIJターン就職(※1)を促進していくことを目的に、「本学と宮城県との学生UIJターン就職促進に関する協定」の締結式が6月9日(金)、宮城県仙台市で行われました。締結式には、村井嘉浩宮城県知事、吉田祐幸宮城県経済商工観光部長、本学の馬場善久学長、秋谷芳英大学事務局長、前原一美キャリアセンター部長が参加しました。

 今回の協定締結によって、宮城県内の合同企業説明会やインターンシップ等の情報を学生に提供するともに、学内での就職セミナーや情報提供サービスの他、各種の取り組みを宮城県と連携して行うようになります。
 村井知事は、「以前に創価大学を訪問した際、出会った学生の姿を通し、学業だけでなく人間性も素晴らしい印象を受けました。多くの学生に宮城県の企業を知っていただきたいと思います」と述べました。
 馬場学長は、「2021年の創立50周年に向けて、地域で活躍できる人材を育てるため、学生の就職支援に取り組んでいます。宮城県出身の本学学生の中には、東日本大震災の復興のために働きたいと考えている学生もいます。今回の協定を機に、宮城県との連携を深め、これまで以上に就職活動を支援していきたいと思います」と語りました。
 本学では栃木県、福岡県、大阪府と同様の協定を締結しており、今回の宮城県で4件目となります。

(※1) UIJターン:「Uターン」とは、出身地以外の地域に進学・就職し、出身地へ戻って就職すること。「Iターン」とは、出身地以外の地域へ就職すること。「Jターン」とは、出身地以外の地域へ進学・就職し、さらに別の地域へ就職することを指す。