ニュース

2015年11月17日

学生・教職員の海外渡航に関する注意事項

 報道等でご存知の通り、11月13日にフランス・パリ中心部において、連続テロ事件が発生し、多くの犠牲者が出ました。犠牲になられた方々に深く哀悼の意を表します。

 事件が起きたフランスでは、オランド大統領が、国家非常事態を宣言し、国境(陸路,空港,鉄道,海上)におけるコントロールの強化を発表しました。

 海外では今回の事件に限らず、全く予想できない多くの危険やリスクが潜んでいることを十分に認識し、自分の身は自分で守るという「自衛」の心構えをしっかり持って、安全確保に努めてください。

 海外渡航中、また、これから渡航する場合には、自身の安全を十分に確保するため、渡航先エリアに関する各種報道や外務省海外安全情報(海外安全ホームページ)などを調べ、必ず事前に情報収集をするように心掛けてください。

(ご参考)
  • 外務省海外安全ホームページ

  • 外務省海外安全ホームページ内「フランス:パリにおける連続テロ事件の発生に伴う注意喚起(2015年11月14日外務省))」

  • 外務省「渡航登録サービス」


  • <お問い合わせ>
    創価大学国際部
    TEL: 042-691-8200
    E-mail: intloff@soka.ac.jp