ニュース

2017年03月15日

本学がフィリピン共和国・イースト大学と「学術交流協定」を締結しました

 フィリピン共和国・イースト大学と本学の「学術交流協定」の調印式が3月7日(火)に本部棟で行われました。イースト大学よりルシオ・タン理事長、ジェイム・バウティスタ副理事長、エスター・ガルシア総長、リンダ・サンチャゴ マニラ校学長、ゾシモ・バダッド カロオカン校学長が出席し、本学の田代康則理事長、馬場善久学長、現在、在学中のフィリピンからの留学生、東南アジア研究会に所属する学生らが迎えました。

 フィリピン共和国の名門イースト大学は、首都マニラに3つのキャンパスを置く総合大学です。本学とは2012年に学術交流協定を結び、14年には、創立者池田先生に「名誉人文学博士号」を授与しています。今回、両大学の新たな学術交流協定では、交換学生数の拡大、シンポジウムの開催、研究内容の充実を推進するものです。

 タン理事長は、「次代を担う人材を育成するため、互いの関係性をより深め、様々な面での交流を推進していきたいと思います」と語りました。