奨学金

奨学金制度

本学では、創価女子短期大学給付奨学金、創価女子短期大学牧口記念教育基金会奨学金、短大白鳥会給付奨学金、特別奨学生制度、日本学生支援機構奨学金、地方公共団体奨学金を扱っています。日本学生支援機構奨学金を希望される方は、予約奨学生(入学後5月中旬頃貸与開始)に出願されることをお薦めします。予約奨学生の申し込みは、高校3年次の4月頃になります。詳しい時期、手続き方法は高校の先生に早めにご相談ください。
また、「国の教育ローン」(日本政策金融公庫)は入学金・授業料のお支払に間に合せることができます。合格発表前でも申し込みできますので、できるだけ早めに以下にお問い合わせください。

お問い合わせ
教育ローンコールセンター 0570-008656、03-5321-8656
日本政策金融公庫 http://www.jfc.go.jp/

学費ローン

本学と提携を結んだ教育ローンを用意しています。入学金や学費といった入学の費用を準備する際に利用可能です。

お問い合わせ
セディナ 学費ローン
https://c-web.cedyna.co.jp/customer/action/ssAA01/WAA0102Action/RWAA010207?kam_id=617014&torihiki_id=6Z
03-3346-0827

本学独自の給付型奨学金

創価女子短期大学給付奨学金(学費減免)

この奨学金は学費減免の奨学金です。
他の本学独自の給付型奨学金との併用はできませんが、それ以外の奨学金との併用は可能です。

  • 当該年度の授業料と教育充実費の半額免除(4月申し込み、6月に決定、後期学費分に充当)
  • 採用予定数30名

創価女子短期大学牧口記念教育基金会奨学金

この奨学金は牧口記念教育基金会の助成により実施する給付型の奨学金です。
他の本学独自の給付型奨学金との併用はできませんが、それ以外の奨学金との併用は可能です。

  • 1人当たり25万円を給付(4月申し込み、6月に決定、給付)
  • 採用予定数40名

短大白鳥会給付奨学金

この奨学金は短大白鳥会の助成により実施する給付型の奨学金です。
他の本学独自の給付型奨学金との併用はできませんが、それ以外の奨学金との併用は可能です。

  • 1人当たり20万円を給付(4月申し込み、6月に決定、給付)
  • 採用予定数30名

特別奨学生制度

公募推薦入試、一般入試の合格者の中から、成績上位者若干名を採用します。入学金・授業料・教育充実費を半額免除します。なお、採用された方は、他の本学独自の給付型奨学金との併用はできませんが、それ以外の奨学金との併用は可能です。

学業奨励賞

学業成績が優秀な短大生を対象として1年生は後期、2年生は前期・後期のはじめにそれぞれ表彰します。

  • 学生1名につき8万円の奨励金を給付
  • 採用予定数33名

その他の奨学金

日本学生支援機構奨学金

http://www.jasso.go.jp/

種類基準貸与月額
第一種奨学金(無利子) 評定平均3.5以上
(家計基準あり)
30,000円か60,000円(自宅外通学者)
30,000円か53,000円(自宅通学者)
第二種奨学金(有利子) 第一種よりゆるやかな基準で選考
(家計基準あり)
月額3万、5万、8万、10万円、12万の5種類から1つのみ選択

日本学生支援機構奨学金を希望される方は、予約奨学生(入学後5月中旬頃貸与開始)に出願されることをお薦めします。詳しくは高校の先生に早めにご相談ください。

第一種・第二種を申し込む方で、家計基準(4人世帯の給与所得者の場合、年収が400万以下程度)にみあう方、または、日本政策金融公庫の教育ローンを申し込み、貸与を受けることができなかった方は、希望により入学時特別増額(10万、20万、30万、40万、50万から選択、有利子)の貸与も申し込むことができます。

地方公共団体奨学金

各都・道・府・県・市・区がその地方の出身者を対象に行っている地方公共団体の奨学金制度です。

予約奨学制度を設置している団体もあるので、お近くの各役所窓口にお問い合わせください。