ニュース

短大生活プランニングセミナーを開催しました

2017年4月20日

本年度第1回目となるステューデントライフサポート(SLS)セミナーを4月19日(水)16時半より200教室で開催しました。今回は、様々な分野で活躍する卒業生の代表4名を招き、「短大生活プランニングセミナー」と題してパネルディスカッション形式(テーマ『「先輩の短大生活に学ぶ」建学の指針が目指す短大生活のあり方を考える』)で行われました。


短大出身の先輩が、どのように短大生活を送り、2年間で何をつかめたか。どのような努力や挑戦をしてきたのか。その経験が社会人の現在、どのように活かされているのか。等々、自身の体験を通し、短大生にエールを送りました。寮生活、一人暮らし、自宅からの通学といったさまざまな環境で短大生活を送った先輩たちの話は参加した短大生の心に深く響いたものだったようです。最後に登壇者である卒業生と現役短大生の全員で短大歌「誉れの青春」を合唱しました。


一部参加者の声を紹介します。「短大での2年間全てが人生の原点で、2年間があったから自分がいる。ということを聞き、卒業するときに先輩たちのような充実した学生生活を送りたいと思いました。どう成長していくかは自分次第という話を聞き、短大という場所を生かして大きく成長していきたいと思いました。」(現代ビジネス学科1年)、「私は今まで短大に来て授業を受けるのも受け身な感じで受けていましたが、短大という最高の環境で何のために学ぶのか、何を学んでどう成長したいか、もっと考えなければいけないと思いました。」(英語コミュニケーション学科1年)