• Tag:
  • 留学日記(イギリス・バッキンガム大学英語DD6期 2019年4月4日) 

2019年04月04日 11時19分

留学日記(イギリス・バッキンガム大学英語DD6期 2019年4月4日) 

皆さんこんにちは‼︎
このイギリス留学に来てからもう半分が経過しました。ここで改めてDD6期4人の留学生活を半分終えての感想、そしてこれからの決意を共有したいと思います。


私たちの留学生活は3/29日で半分が過ぎました。この9ヶ月を振り返って私はとても貴重な体験をたくさんしてきたと思います。イギリスの地で学ぶことにより、イギリスの伝統行事やバッキンガム内で行われるイベントに参加することができ、イギリスの文化を肌で直接体感することができました。また、世界各国からの留学生が多く、交流の場も豊富なため、自分自身の英語力向上だけでなく、世界に友情の輪を広げることもできる貴重な機会になっています。
9ヶ月イギリスでの生活を終え、私はこの9ヶ月は長いようでとても短く感じました。残りの9ヶ月間は勉強だけでなく、イベントには可能な限り参加し、また自分から積極的に行動を起こして悔いの残らないようなイギリス留学にして参ります。
(kousaw)


この9ヶ月で様々な出来事を体験してきましたが、自分は特に勉学に一番心を注いでいたように思います。勉学に一意専心した結果、今でも未熟な部分はありますが、驚くほど英語のスキルが上達したように感じています。特にリスニングの能力の上達は著しいように思います。最初は先生の話を聴くのが必死だったり、他の学生が何を言っているのかわからなかったりなど大変でしたが、最近では相手が何を伝えようとしているのかを推測したり、話の要点だけをうまく理解できるようになりました。それもこれも献身的な先生や友人のおかげというほかありません。改めてこの環境の素晴らしさを実感しています。
さて残りの9ヶ月間ですが、英語技能のさらなる向上はもちろんですが、これからは人との交流を焦点に当てていきたいと思っています。というのも自分は勉学に励むあまり、貴重な人との交流の機会を何度か逃してしまうことがありました。うまく聞くことができるようになったということもあり、これからは人との交流に重点をおいて残りの9ヶ月をこのバッキンガムの地で頑張っていきたいと思います。
(みしーず)

自分が思っていた留学と実際の留学は全然違うことが分かりました。自分が想像していないことでたくさん悩みました。環境が全く変わることは相当大変なことだと思いました。ですが、振り返ると今まであっという間でした。1週間のうちの授業数が少ない分、余計1週間が早く感じました。あと、日本の素晴らしさや有り難さも外に出て生活したからこそ感じる部分もたくさんありました。
留学生活を半分終えて、イギリスでの生活や大学にもだいぶ慣れてきたので、残り半分は学んだことや得た知識を活かして楽しんでいきたいです。無事に留学を終え卒業し、日本に帰ることが留学前からの1番の目標なので、それを達成できるように無理しすぎずに残りの貴重な日々を過ごしていきたいです。
(H.E)

この留学が始まってから9ヶ月が経ち、今まで経験することのなかった多くのことに出会えたと思っています。優しい先生方に支えられ、バッキンガムの整った学習環境で、様々な国から来た生徒たちとコミュニケーションを取りながらの勉強は、全くの新しい挑戦でした。休日には友人と旅行に行き、日本と離れた国の生活を見ることができました。これから私たちには9ヶ月の時間がありますが、意識しなければすぐに過ぎてしまう時間のように感じています。留学の後半ともなれば困難に向かうこともあると思いますが、友人と支え合いながら、また新たな友人と出会っていきたいです。
(K.Y)

ページ公開日:2019年04月04日 11時19分