• Tag:
  • 【注意喚起】<外務省海外安全情報>感染症危険情報・危険情報レベル2以上の地域への渡航について(2020年8月26日更新)

2020年08月26日

【注意喚起】<外務省海外安全情報>感染症危険情報・危険情報レベル2以上の地域への渡航について(2020年8月26日更新)

【8月26日更新】
  • 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、13か国・地域において感染症危険情報レベルがレベル2からレベル3へと引き上げられました。その他の国も継続となります。引き続き、海外へは渡航しないでください。
  ⇒【外務省海外安全HP】「全世界に対する感染症危険情報の発出(レベルの引き上げ又は維持)」

【7月21日更新】
  • 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、17か国・地域において感染症危険情報レベルがレベル2からレベル3へと引き上げられました。その他の国も継続となります。引き続き、海外へは渡航しないでください。
  ⇒【外務省海外安全HP】「全世界に対する感染症危険情報の発出(レベルの引き上げ又は維持)」

【6月5日更新】
  • 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、中南米、欧州、中東、アフリカの計16か国・地域において感染症危険情報レベルがレベル2からレベル3へと引き上げられました。その他の国も継続となります。引き続き、海外へは渡航しないでください。
  ⇒【外務省海外安全HP】「全世界に対する感染症危険情報の発出(レベルの引き上げ又は維持)」

【5月22日更新】
  • 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、アジア、中南米、欧州、中東・アフリカの計11か国・地域において感染症危険情報レベルがレベル2からレベル3へと引き上げられました。その他の国も継続となります。引き続き、海外へは渡航しないでください。
  ⇒【外務省海外安全HP】「全世界に対する感染症危険情報の発出(レベルの引き上げ又は維持)」

【3月31日更新】
  • 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、外務省が49か国・地域に対し、感染症危険情報をレベル3<渡航中止勧告>に引き上げました。同時に、レベル3の国・地域を除く全世界に対し、感染症危険情報レベルをレベル2<不要不急の渡航中止勧告>に引き上げました。それに伴い、海外へは渡航しないでください。【2020年3月31日更新】
  ⇒【外務省海外安全HP】「全世界に対する感染症危険情報の発出(レベルの引き上げ又は維持)」
  • 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、外務省が全世界を対象に「危険情報」を<レベル2(不要不急の渡航中止勧告)>に引き上げたことに伴い、渡航しないでください。【2020年3月26日更新】
  ⇒【外務省海外安全HP】「全世界に対する危険情報の発出」

【3月26日更新】
新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、外務省が全世界を対象に「危険情報」を<レベル2(不要不急の渡航中止勧告)>に引き上げたことに伴い、渡航しないでください。
【外務省海外安全HP】「全世界に対する危険情報の発出」

【3月25日更新】
■感染症危険情報レベル2以上の地域への渡航について
  • 中国・湖北省全域、浙江省温州市への渡航は中止してください。<レベル3(渡航中止勧告)>【2020年2月14日更新】
  • 中国の上記以外の地域への渡航は、<レベル2(不要不急の渡航中止勧告)>となっていることに伴い、渡航しないでください。
  • 韓国の大邱広域市及び慶尚北道慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡、清道郡、軍威郡、道奉化郡の地域への渡航は中止してください。<レベル3(渡航中止勧告)>。【2020年3月6日更新】
  • 韓国の上記以外の地域への渡航は、<レベル2(不要不急の渡航中止勧告)>となっていることに伴い、渡航しないでください。【2020年3月6日更新】
  • イランへの渡航は中止してください。<レベル3(渡航中止勧告)>【2020年3月23日更新】
  • サンマリノへの渡航は中止してください。<レベル3(渡航中止勧告)>【2020年3月10日更新】
  • アイスランドへの渡航は中止してください。<レベル3(渡航中止勧告)>。【2020年3月17日更新】
  • イギリス、キプロス、ギリシャ、クロアチア、スロバキア、チェコ、ハンガリー、フィンランド、ブルガリア、ポーランド、ラトビア、リトアニア、ルーマニアへの渡航は、<レベル2(不要不急の渡航中止勧告)>となっていることに伴い、渡航しないでください。【2020年3月17日更新】
  • アメリカへの渡航は、<レベル2(不要不急の渡航中止勧告)>となっていることに伴い、渡航しないでください。【2020年3月22日更新
  • コンゴ共和国への渡航は、<レベル2(不要不急の渡航中止勧告)>となっていることに伴い、渡航しないでください。【2020年3月25日更新】
  • イスラエル、カタール、バーレーンへの渡航は、<レベル2(不要不急の渡航中止勧告)>となっていることに伴い、渡航しないでください。【2020年3月25日更新】
  • インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム及びマレーシアへの渡航は、<レベル2(不要不急の渡航中止勧告)>となっていることに伴い、渡航しないでください。【2020年3月25日更新】
  • アンドラ、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、スイス、スペイン、スロベニア、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、バチカン、フランス、ベルギー、マルタ、モナコ、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、アイルランド、スウェーデン、ポルトガルへの渡航は中止してください。<レベル3(渡航中止勧告)>。【2020年3月25日更新】

※最新の情報は「外務省海外安全ホームページ」をご確認ください。
※やむを得ず渡航が必要な場合は、本学国際課(042-691-8200)まで事前に相談してください。また、緊急時に備え、必ず外務省が実施している「たびレジ(滞在が3カ月以上の場合は在留届)」に登録をしてください。
ページ公開日:2020年08月26日