佐久間ゼミ

ゼミテーマ「多国籍企業論~企業のグローバル展開と戦略~」

ゼミ紹介

ゼミの概要

「ゼミで切磋琢磨した仲間は一生涯の友人になる」との想いから、仲良く勉強に取り組んでいます。専門書を学び、学外論文大会にも出場する一方、合宿や食事会では、思いっきり遊ぶ!メリハリがしっかりしたゼミです。(40期 佐伯優加)

ゼミで学ぶこと

春合宿:専門書を使って、一人ひとりがプレゼンを行い、全員で討論をします。これによって、専門書の読み方やレジュメの作成方法を学び、3年次の卒論発表につなげます。またこの合宿では、プレゼンだけでなく、レクリエーション等を企画し、勉強と遊びのメリハリをつけて、少しでも早く同期との仲を深めます。
3年前期:日経BPインナー大会に向けたビジネスプランを考案します。チームで関心のある業界や社会問題を取り上げ、その根本原因を考え解決策を提案し、日経BPインナー大会で発表します。その過程で、説得力のある提案をするため、インタビューやアンケートなどを行いながら、皆で議論を深め、報告書を作成します。同時に、3年次より、各自が卒業論文のテーマを決め、論文作成にも取り組んでいきます。皆それぞれが興味・関心のあるテーマで、論文作成に取り組んでいきます。
3年後期:前期に引き続き、卒業論文作成・プレゼン発表に取り組むとともに、企業就職をめざすゼミ生は、就職活動の準備も着実に進めていきます。またその際、進路が決定した先輩にサポートしていただき、高い進路決定率につなげていきます。
4年前期:ゼミ生全員の進路決定をめざすとともに、3年次より取り組んでいた卒業論文の完成に向け、さらに研究を進めていきます。この頃になると、ゼミ生の個々の能力も向上し、プレゼン発表や質問内容などのレベルも上がります。
4年後期:最終卒論発表に向け、目次作成と清書を完成させます。また、ともに学び合った仲間と学生時代最後の思い出に卒業旅行にも行きます。
 佐久間ゼミ生は、ゼミでの勉強はもちろん、各自がさまざまなことに挑戦している個性豊かなゼミです。それぞれの持ち味を活かしながら、時には刺激し合い、時には励まし合うことで、切磋琢磨しながら大学生活を充実させています。また、社会で活躍されている先輩方とのつながりも強く、就職活動をはじめ、多くのことをサポートしてくださる先輩がたくさんいるのも魅力です。(40期 佐伯優加、橋爪美智子)

ゼミを選択する上でのアドバイス

佐久間ゼミを選択したのは「佐久間先生の人柄」、「学習意欲の高い人が多い環境」「縦のつながりが強いこと」からです。実際に佐久間ゼミに入って、皆意識が高いため、互いに刺激し合いながら学び、成長することができました。また、就職活動だけでなく日常生活においても、先輩方が親身になってサポートしてくださり、伝統的な縦のつながりを感じました。佐久間先生のもと、このような環境で成長したい学生にとって、最適な学習環境です。
(41期 杉村優美)

ゼミ生の声

40期 橋爪美智子

卒業生の写真
佐久間ゼミは仲間とともに成長できるゼミです。ゼミ生全員がゼミのみならず、各々の活動にも全力で取り組んでいます。互いに刺激し合いながらも、仲間を尊重しながら全員で協力して日々活動しています。就職活動においても佐久間ゼミの特徴である縦のつながりがあるので、根強いサポート体制のもとで万全の準備ができました。私も先輩方のように大学建設の一環として後輩育成により一層取り組んでいきたいと思っています。

41期 小島摩美

卒業生の写真
佐久間ゼミは勉学だけでなく部活動との両立を頑張っている学生が多いのも特徴の一つです。私は体育会の部活動の執行として活動しながらゼミ活動に挑戦していました。日経BPや就職活動との両立は苦しい時期もありましたが、いつも意識の高いゼミ生と支えあい刺激し合いながら乗り越えてきました。佐久間ゼミの恵まれた環境の中で成長できたからこそ、進路においても第一志望の企業に進むことができたと思っています。