2020年7月豪雨で被災された在学生に対する特別措置について

 この度、2020年7月豪雨で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興をお祈りいたします。
 創価大学では、被災された2020年度在学生に対して、特別措置を実施することを決定いたしました。

制度の概要

 2020年7月豪雨の影響により学費負担者(主たる生計維持者)が災害発生時において、災害救助法適用地域に居住しており、被害を受け、学費の支弁が困難な経済状態にある場合、申し出により学費支弁のために以下のとおり奨学金を給付します。

給付額

 申請書およびり災証明書等に基づき、被災状況について審査をした上で、以下の基準に従って給付します。
2020年7月豪雨による給付基準
区分 被災内容 支援内容
A 家屋の全壊・全焼・流失全部浸水など
学費支弁者の死亡などで収入が全く絶たれた場合
文系学部80万円/理工・看護学部100万円を給付
(学費全額相当)
B 家屋の半壊・半焼・一部流失床上浸水など
学費支弁者の死亡などで収入が半減した場合
文系学部40万円/理工・看護学部50万円を給付
(学費半額相当)
C 学費支弁者の災害・病気などで家計が困窮した場合
(家屋の一部損壊・床下浸水等を含む)
全学部一律5万円を給付

提出書類

  1. 家計急変学生への給付奨学金申請書(災害用)
  2. 給付奨学金申込書 兼 振込先金融機関口座申請書
  3. 「家宅等被災状況を証明する書類」(り災証明書等)※自治体発行
※提出された内容を審査し対象者として認められた場合に、区分に応じて奨学金を給付します。

申請期限

2020年10月30日(金)必着
書類提出先およびお問い合わせ
学部生:創価大学 学生部学生課 奨学金係
〒192-8577 東京都八王子市丹木町1-236 中央教育棟 GLOBAL SQUARE 1階
Tel:042-691-2161
Fax:042-691-9475
E-mail:syougakukin@soka.ac.jp
※学部以外の本学在学生については、各担当事務室にお問い合わせください。