渋谷 明子(教授)

シブヤ アキコ

専門分野 社会学、社会心理学
担当科目 メディアと社会心理I・II、社会調査方法論、社会統計学、統計学入門I、アカデミック・スキル基礎、日本語文化研究II、演習I~IV
研究テーマ メディアの子どもへの影響、メディアの外国イメージ、ソーシャルメディア、家庭におけるメディアを媒介にしたコミュニケーションなど
E-mail ashibuya@soka.ac.jp
出身地 茨城県水戸市
高校 東京都立新宿高等学校
大学 1985.3 東京都立大学(現、首都大学東京)人文学部人文科学科 卒業
大学院 1995.8 米国ミズーリ大学コロンビア校ジャーナリズム研究科修士号(M.A.)取得
2004.3 慶應義塾大学大学院社会学研究科後期博士課程修了(単位取得満期退学)
2010.2 博士号(社会学)取得 慶應義塾大学
主な経歴 1985.4 ~1991.12 医療関係出版社編集部勤務
1996.8 ~1999.12 米国ミズーリ大学コロンビア校文理学部非常勤講師
2004.4 ~2012.3  慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所研究員
2010.9~ 慶應義塾大学文学部非常勤講師
2011.4 ~2012.3 創価大学文学部非常勤講師
2012.4~ 創価大学文学部人間学科准教授
ゼミテーマ メディアと社会心理について 
所属学会・団体 日本社会心理学会、日本マス・コミュニケーション学会、日本心理学会、日本シミュレーション&ゲーミング学会、日本デジタルゲーム学会  
主要著書・論文 『メディアと人間の発達』(2003年、学文社)、『テレビと外国イメージ』(2004年、勁草書房)、『テレビニュースの世界像』(2007年、勁草書房)、『メディアとパーソナリティ』(2011年、ナカニシヤ出版)、『テレビという記憶』(2013年、新曜社)など(いずれも分担執筆)
趣味 スポーツジムに通うこと(「リトモス」というダンス調の体操や、ごく軽い筋トレなどをしています)
ひとこと(モットーなど) 七転び八起き(何度、転んでも、また起き上ればよいのです・・)

文系大学院 社会学専攻

  • 専門分野 メディア研究、社会心理学
    研究テーマ メディアの影響、メディアの外国イメージ、ソーシャルメディアなど
    研究紹介 メディアの子どもへの影響、メディアの外国イメージ、ソーシャルメディア、家庭におけるメディアを媒介にしたコミュニケーションなど。おもな著書は、『メディアと人間の発達』(2003年、学文社)、『テレビと外国イメージ』(2004年、勁草書房)、『テレビニュースの世界像』(2007年、勁草書房)、『メディアとパーソナリティ』(2011年、ナカニシヤ出版)、『テレビという記憶』(2013年、新曜社)など(いずれも分担執筆)
    研究、教育方針 今後の研究としては、これまでの研究と同様に、メディアの分析、メディア利用者の調査などを、行っていく予定です。そのなかで、日本がグローバル社会に向けて発信してきたメディア・コンテンツ産業(アニメやゲームなど)の魅力、問題点、ユーザー心理、影響、文化間の比較、ジェンダー表象などについても、興味をもっています。
    演習科目や授業の教育方針としては、そのようなテーマに興味をもっている大学院生と、コミュニケーションの理論や実証的な研究を中心に、英語の本や論文を読んでいくことが中心となります。その上で、それぞれの受講者の問題意識に基づいて、実証的な研究(質問紙調査、コンテンツ分析など)を行うサポートをできればと思います。
    メッセージ 自分の「思い」である問題意識を大切にして、それを語り、書き、説明し、さらに考え、調べ、論文を読む。そして、調査や分析をして調べ、また考える・・・。一見、地味な作業の繰り返しですが、自分の「思い」が、少しずつ「研究」という形になっていく過程は、とても面白いものです。その面白さを共有し合える環境を作ることができれば、と思います。

ページ公開日:2017年08月08日
Search-internal-code:faculty-profiles-2017-