伊藤 眞人(学科長・教授)

イトウ マサト

専門分野 科学教育、有機化学、機能物質化学、その他
担当科目 基礎化学、有機化学Ⅰ・Ⅱ、分子設計、マテリアルサイエンス実験、化学実験、理工学総論、ケーススタディⅠ、卒業研究Ⅰ・Ⅱ、演習Ⅰ・Ⅱ
研究テーマ 機能性有機化合物の分子設計,合成および機能評価

取材申し込み

研究者情報詳細

工学研究科 環境共生工学専攻

  • 専門分野 有機反応化学、有機合成化学、物理有機化学、計算機利用化学・化学教育
    担当科目 有機化学、分子設計、材料科学実験、グリーンケミストリーなど
    研究テーマ (1) 興味深い性質をもつ可能性のある新規有機化合物の合成と評価
      液晶性物質、光異性化性物質、弱い分子間相互作用に関わる化合物など
    (2) 化学と化学教育のためのICTの活用
    略歴 1954年 大阪府生まれ、高知県出身
    1982年 東京大学大学院理学系化学専攻修了
          理学博士
    -----------------------------------------
    1983年 青山学院大学理工学部助手
    1986年 東京大学工学部助手
    1989年 同講師
    1990年 創価大学助教授
    2003年より現職
    主な著書論文  「研究者のためのインターネット読本」化学同人、1998年(共著).
     「フォックス・ホワイトセル有機化学I〜III」丸善、1999年(共訳).
     「国際化学オリンピック(IChO)参加国の実態 調査報告書」日本化学会、2000年(共編、共著)
     "Effects of Thiazolium Anion and Reaction Media on the Activity of Immobilized Thiazolium Catalyst", H. Tajima, T. Niitsu, H. Inoue, and M. M. Ito, J. Chem. Engng. Japan, 34, 553-557 (2000).
     "International Chemistry Olympiad: Survey on the Circumstances of its Participant Countries", M. M. Ito, T. Tatsumi, H. Hosoya, K. Kamogawa, A. Mori, H. Noda, H. Sugimura, Y. Takeuchi, K. Tatsuta, Y. Ueno, and T. Yamanouchi, Chemical Education Journal (CEJ), 5, No. 5-16 (2001).
     "Strategy for Globalization of Chemical Education Based on the Internet", Y. Takeuchi, H. Yoshida, and M. M. Ito, Pure and Applied Chemistry, 73, 1125-1135 (2001).
    所属学会 日本化学会
    有機合成化学協会、化学工学会、日本コンピュータ化学会(SCCJ)
    The International Union of Pure and Applied Chemistry (IUPAC)
    The Federation of Asian Chemical Societies (FACS)
    The American Chemical Society (ACS)
    Chemical Education Journal (CEJ), Chief Editor.

ページ公開日:2019年04月01日
Search-internal-code:faculty-profiles-2017-