武 澎東(教授)

ブ ホウトウ

専門分野 経済政策
担当科目 東アジアの政治、東アジアの経済
研究テーマ 東アジアの経済発展と政治体制改革

取材申し込み

研究者情報詳細

E-mail wupd@soka.ac.jp
出身地 台湾
大学 1982.3 創価大学 経済学部卒業
大学院 1987.3 創価大学大学院 経済学研究科 博士課程満期退学
ゼミテーマ 現代東アジア研究
所属学会・団体 日本現代中国学会
主要著書・論文 『中国の国有企業制度改革の展開過程』(創価大学アジア研究所 1997年)
趣味 旅行

文系大学院 社会学専攻

  • 専門分野 中国経済論
    社会経済史
    研究テーマ 1.中国の国有企業制度と社会保険制度の展開過程
    2.中国の経済発展と社会の変貌
    研究紹介 私は、マルクスの『資本論』とマックスウェーバーの『一般社会経済史要論』から出発し、大塚久雄、高橋幸八郎等の方法論を勉強しながら、明清時代の社会経済の実証的研究を試み、現在、中国の改革・開放政策の展開過程を取り上げ、とくに経済発展のなかで、企業、失業・医療・年金の制度改革の実態とその展開を研究してきました。
    研究、教育方針 これまでの研究を継続しながら、さらに経済の発展と体制改革の展開により、所得の格差、貧困扶助、都市化政策などの問題を取り上げ、中国社会の変貌を研究していきたいと思います。教育方針としては基礎的文献を読み、資料を整備しながら、ともに論議・研究していきたいと思います。
    メッセージ 探求したいテーマをなるべく早く決定し、同じ研究領域をもつ教員・院生の論文を集め、関連する著作も読み、自ら進んでいく必要があると思います。

ページ公開日:2017年08月09日
Search-internal-code:faculty-profiles-2017-