規約全文

(2008年4月1日 規程第344号)

趣旨

第1条 本学に、教員の教育研究活動の向上を目的として不断に検討を行い、その改善、充実を図るために、ファカルティ・ディベロップメント委員会(以下「委員会」という。)を置く。

審議事項

第2条 委員会は、次の各号に掲げる教員の教育研究活動の改善、充実の方策に関する事項を審議する。
  1. 授業の内容及び改善の方策に関する事項
  2. 研修会及び講習会の開催に関する事項
  3. 学生による授業評価の実施、結果の分析及び利用に関する事項
  4. その他委員会が必要と認めた事項

構成

第3条 委員会は、次の委員をもって構成する。
  1. 学長の指名する副学長または副学長補
  2. 教務部長及び教務部副部長
  3. 各学部長
  4. 学士課程教育機構長
  5. 教育・学習支援センター長
  6. 教務部事務部長
  7. 学長が委嘱する教職員若干名
2 委員長は、前項第1号の委員をあてる。委員長に支障のあるときは、委員長があらかじめ指名する委員が、その職務を代行する。

任期

第4条 委員の任期は、職務上委員となるものを除き2年とする。ただし、再任を妨げない。
2、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

会議

第5条 会議は、委員長が必要と認めたときに招集し、委員長が議長となる。
2 会議は、構成員の過半数の出席をもって成立し、議事は出席者の過半数をもって決定する。

専門委員会

第6条 委員会は、必要に応じて専門委員会を置くことができる。
2 専門委員会の委員長及び委員は、委員会の議を経て、学長が任命する。
3 専門委員会の委員の任期は、2年とし、再任を妨げない。

事務

第7条 委員会の事務は、総合学習支援オフィス学習支援課が担当する。

附則

この規程は、2014年12月20日から施行する。