学位論文(修士)

学位論文審査基準(生命情報工学専攻)

【修士論文】

修士論文は、申請者が主体的に取り組んだ研究の成果であり、独創的でなければならない。審査は以下の項目について行われる。
  • 研究の目的が、適切に述べられているかどうか。
  • 研究方法が十分に説明されているかどうか。
  • 実験結果が図表に適切に表現され、解析が無理なく十分に行われているかどうか。
  • 得られた結果について、十分な考察が展開されているかどうか。
  • 論文が論理的に構成されており、表記・表現が適切かつ明瞭かどうか。
  • 学位論文の口頭発表が適切に行われ、質疑に対する応答が十分であったかどうか。

【博士論文】

博士論文は、申請者が主体的に取り組んだ独創性のある研究成果で、査読制度のある国際誌へ掲載されるなど、国際的に評価された内容を含んでいなければならない。審査は以下の項目について行われる。
  • 研究の目的が、論文を引用しながら適切に述べられているかどうか。
  • 研究方法が、具体的に説明されているかどうか。
  • 実験結果が適切に示され、解析が十分に行われているかどうか。
  • 得られた結果について、十分な考察が展開されているかどうか。
  • 論文が論理的に構成されており、表記・表現が適切かつ明瞭かどうか。
  • 研究の新規性、重要性または波及性(応用性)について述べられているかどうか。
  • 学位論文の口頭発表が適切に行われ、質疑に対する応答が十分であったかどうか。

工学研究科生命情報工学専攻

工学研究科生物工学専攻