創大Days

  • HEADLINES
  • 創大Days
  • 「最後の貧困者」をなくしたい!創大で、ネパールで見つけた私の夢。挫折を乗り越え、大学院で新たな挑戦を開始!

2015年06月04日

「最後の貧困者」をなくしたい!創大で、ネパールで見つけた私の夢。挫折を乗り越え、大学院で新たな挑戦を開始!

創大Days編集部

板子 博子 2015年3月 経済学部卒業
東京大学附属中学・高校で学んだ板子さん。国立の学校のカリキュラムで学ぶ中、中学で「NGO入門」の授業を選択し、“貧困”や“発展途上国”という言葉が板子さんの中で大きなウエイトを占めるようになりました。高校卒業時には、発展途上国についてのテーマで卒論を完成させました。学ぶほどに、“貧困は放っておいてはいけない問題”とさらに勉強していきたいと思うように。そんな中で、創価大学が示す“何のために学ぶのか”“誰のために学ぶのか”という創立の理念に出会い、創大で学びたいと強く思ったそうです。しかし家族の経済的には厳しく、奨学金とアルバイトで、授業料など必要なものは自分でまかなうという条件で進学することに。経済学部の授業で“貧困はお金の問題”と思っていた自分に衝撃が走り、アフリカ研究の授業で、“最後の貧困者は、途上国の障害者”と知りました。無我夢中で学び、ネパール留学も決め、夢がどんどん近づいていた矢先に、突然大学に行くことができなくなってしまいました。勉強、アルバイト、働かずに学んでいるというプレッシャーが気づかぬ間に心に負担をかけていました。それでも、ネパールの地に立った板子さん。振り返れば、4年間全てのセメスターで成績優秀者となり、特待生にもなりました。そして、“最後の貧困者をなくしたい”というその夢に向かって、この4月からは東京大学大学院国際協力学専攻でさらなる学びに挑戦しています。板子さんの4年間について話を聞きました。
 
ページ公開日:2015年06月04日


  • HEADLINES
  • 創大Days
  • 創大Lab.
  • 広報誌「SUN」