異文化コミュニケーション
《英語》

ネイティブ・スピーカーによる授業、留学などで、「ツール」に終わらない、「カルチャー」としての英語を。

風景
①コミュニケーション理論、②異文化理解、③第二言語取得理論と英語教育、④通訳、翻訳の4つの領域を総合的に学ぶことができます。ネイティブ・スピーカーが担当する授業を多く設置し、英語運用能力を高めつつ、各領域の専門知識を習得していきます。短期語学研修や留学に参加、挑戦することを強く奨励します。世界を舞台に、多文化共生社会をリードする力を育みます。英国バッキンガム大学の学位が取得できるダブル・ディグリーコースも2012年度より始まりました。

●ゼミ紹介

ムケーシュ・ウィリアムス教授
《Culture, Civilization and Languages》 ムケーシュ・ウィリアムス 教授

Though cultures, languages and civilizations have been interacting and influencing each other from time immemorial, the recent belief that they are windowless entities has gained currency. In this seminar we will explore how cultural studies, philosophy and media studies interpret these three areas in the light of globalization. We will expand our knowledge of these three the-mesby understanding theories of cultural interpretation, ideologies and representations.
ダナ・マッキニス教授
《Cross-Cultural Communication》 ダナ・マッキニス 教授

Throughout the course of this seminar, we will explore the close interplay between language; behavior; ideas and attitudes; and feelings and needs. Students will gain a strong understanding of the skills, strategies, and behaviors necessary to nurture mutually enhancing relationships and to bring about positive social interaction.
ブルース・キャリック准教授
《Culture and Fantasy》 ブルース・キャリック  准教授

This seminar will look at comparative cultures in 20th century fantasy literature. We will read and consider the cultural worlds built by JRR Tolkien in Middle Earth, by CS Lewis in Narnia, by Ursula Le Guin in Earthsea, and by JK Rowling in the wizarding world. Students will research and write a thesis about other fantasy writers.
尾崎秀夫准教授
《第二言語習得理論・英語教育》 尾崎 秀夫 准教授

第二言語習得や英語教育に関する主要な研究論文を読み、これらの分野の研究領域を把握します。トピックとして、第二言語習得を促進するディスコースの特質、学習ストラテジー指導の効果などがあります。研究方法についても講義、実習を通して学び、卒業論文執筆へ向けデータを収集、分析できる能力を養います。
大崎さつき准教授
《語彙習得・英語教育》 大崎 さつき 准教授

語彙習得に関する著書や論文を読み、討論を行います。例えば、同じ単語に何回出会えばその単語を覚えられるかなど、みなさんが疑問に思っていることについて勉強します。英語教育における基本的な研究方法を学びながら効果的な単語学習法について考えていきます。