ユーラシア
地域研究

ユーラシア諸地域について総合的に学び、東西文化の融合に貢献する豊かな国際感覚を育む。

ギリシャの風景
中国・ロシア・中央ユーラシア諸地域の言語や政治・経済・社会・歴史・思想・文化などを総合的に学び、豊かな国際感覚とこれらの地域に関する確かな認識力の習得をめざすメジャーです。現代国際社会の中で存在感を高めている中国・ロシア・中央ユーラシア諸地域を主な舞台として、国際的な文化・平和交流や学術研究・ビジネスの分野で活躍できる人材を育成します。「ユーラシア地域」には創立者および本学との間で深い学術・文化交流が行われている国・地域がたくさんあります。現地に足を運んで「ユーラシア地域」の魅力を体感しましょう!

●ゼミ紹介

武澎東教授の写真
《中国経済》 武 澎東 教授

中国の経済発展と政治改革について勉強する。著しい経済発展とそれによってもたらした生態環境の悪化や貧富の差などを取り上げ、欧米の三権分立を拒み一党独裁を堅持する中国の政治制度とその改革について考察する。
樋口勝教授の写真
《現代中国研究》 樋口 勝 教授

本演習では、日本人と中国人の考え方の違いを意識しながら、現代中国の諸問題について考えていきたい。それによって、より中国や中国人のことを理解できるようになる。そして、それが将来の進路の選定や仕事の上で役に立つようになることと思う。
小崎晃義教授の写真
《ロシアの社会》 小崎 晃義 教授

本演習では、「近くて遠い国」と言われるロシアについて、さまざまな視点から研究します。学生はロシアに関する自分の好きな研究テーマ(言語と文学を除く)を選び、授業ではパワーポイントを使いプレゼンテーションを行います。
林俊雄教授の写真
《中央ユーラシア騎馬遊牧民の研究》 林 俊雄 教授

騎馬遊牧民というと、歴史上では破壊と略奪のシンボルのように思われがちだが、古代から独自の美意識を持って美術作品を生み出し、その後も東西文化交流に大きな役割を果たしたことを解明する。
寒河江光徳准教授の写真
《ロシア文学》 寒河江 光徳 准教授

ロシア・フォルマリズム、バフチン、ロートマンなどの論文を読みながら、文学作品を分析する理論について学習をしていく。
村上信明准教授の写真
《東洋史・清朝国家論》 村上 信明 准教授

清朝に関する研究論文・史料を輪読しながら、東方ユーラシア世界における歴史の展開や他民族の共存・対立のメカニズム、日本と中国の関係について学んでいきます。