社会学

「社会学」の視点で、社会の多様性を洞察し、人権の世紀を築く人材を育成。

人波
「社会学」の視点から、現代社会のさまざまな現象を見ると、当たり前だと思っていたことが驚きを持って見直せたり、変だと思っていたことが理解可能なこととして見えてきたりします。この「社会学」の視点を通して、私たちの回りにある世界の「多様性」に気づき、さまざまな人間や社会についての「理解」が可能になります。そうした社会学的なものの見方を、家族、地域、都市、宗教、労働、政治、社会心理、メディア、異文化などを題材にして学んでいきます。

●ゼミ紹介

中野毅教授の写真
《宗教社会学》 中野 毅 教授

本演習では人間社会における文化と宗教について理論的および経験的に研究します。基本として宗教社会学、比較宗教学、知識社会学による問題の捉え方を学び,日本や他のアジア社会と西洋社会との宗教や文化の相違について研究します。
杉山由紀男教授の写真
《理論社会学》 杉山 由紀男 教授

私たちをとりまくさまざまな社会現象や社会問題を解明し、解決へ導くための継続的な学問的営みが社会学です。各自が具体的な研究テーマを取り上げて考察していく作業を通して身につけ、現象や問題の解明と解決の方途を探っていきます。
渋谷明子准教授の写真
《メディアと社会心理について》 渋谷 明子 准教授

メディア、メディアにおけるイメージ、メディアと人間とのかかわりなどについて、社会心理学的アプローチから考察していきます。
小林和夫教授の写真
《歴史社会学》 小林 和夫 教授

本ゼミナールでは、新たな知的関心・世界が広がっている「歴史」の問題を社会学的な視点から考察していきます。各自が研究対象とする「地域」は国内・国外問いません。また時代区分は現代史であれば、社会史、文化史などいずれの領域でもかまいません。
井上大介教授の写真
《文化人類学》 井上 大介 教授

文化人類学における基本的な思考法をベースに、異文化理解に関する身近なテーマを設定し、論文作成のための文献蒐集を行い、関連文献ならびに調査の進展状況に関する発表を課題とします。
森幸雄教授の写真
《都市社会の研究》 森 幸雄 教授

われわれの生活する現代社会について、地域社会という場を切り口に考察します。既存の研究成果に触れるとともに、自らの足で感じ、眼で見たものを重視したいと思います。
また、創価大学文学部では、社会調査士の資格を取得できます。1、2年次から、計画的に関連科目を履修されると、3年次には、社会調査士の資格取得見込みをもらえるので、就職活動にも役立ちます。ゼミを希望される方は、社会調査士の関連科目を1、2年次より、計画的に履修されることをお勧めします。

(リンクが変更になった場合、上記の社会調査協会のサイトより、社会調査士資格参加大学・科目を選び、創価大学を探してください)