社会福祉専修

協働社会の実現を福祉の視点から学び考え、暮らしを支える社会福祉士国家試験の受験資格を取得。

ゼミ風景
多様な人々の「協働」による社会をどのように実現させるかを、福祉の視点から学び、考えるのが社会福祉専修です。社会福祉専修では、社会福祉士という仕事を通して、未来への社会づくりを実践する人材の育成をめざします。このため、4年次で実施される社会福祉国家試験の受験資格が取得できるようなカリキュラムとしました。可能であれば多くの人に社会福祉専修で学んでほしいのですが、受験資格取得のために20名という定員があります。社会福祉専修で学んだ人の活躍の場としては、地方公務員や福祉事務所職員、ソーシャルワーカーなどを想定しています。

●ゼミ紹介

和田光一教授の写真
《現代社会福祉の現状と課題》 和田 光一 教授

少子高齢社会の進行・地域社会の変化・家族構造の変化など現代社会福祉の背景分析を行い、問題や課題を確認します。地域社会の中で誰もが普通に暮らせるシステムを創造することを目的とします。
西川ハンナ准教授の写真
《ソーシャルワークの価値と倫理》 西川 ハンナ 准教授

ソーシャルワークの価値と倫理、ソーシャルワーカーの教育・訓練、地域福祉実践を学びます。
岩川幸治講師の写真
《生活問題と福祉》 岩川 幸治 講師

孤立、排除、貧困、虐待など私たちの生活にはたくさんの問題があります。その背景となっている原因や課題は何か、解決していくにはどうしたらいいのか、福祉の視点を踏まえて検討していきます。