2017年10月03日 09時54分

留学日記(イギリス・バッキンガム大学英語DD5期 2017年10月3日) 

【秋ターム、いよいよスタート!授業紹介とキャンパスの豆知識!】

みなさん、こんにちは!
留学開始から間も無く、3ヶ月になります。生活には完全に慣れたと思います。最初の3ヶ月は「イギリスの生活に慣れる」ことを目標に、無理をし過ぎない生活をしていたので、これからは今までよりも高い目標を持って様々なことに取り組んでいきたいと思います。
2週間という短い期間ではありましたが、はじめてのホリデーを終えて、秋学期がいよいよ始まりました!私たち5期生にとって、2回目の学期になります。先学期から一緒に授業を受けているアメリカ、イギリスやパキスタンなど様々な国からの学生たちと授業で再会し、お互いのホリデーの様子などをシェアしました。顔なじみの学生ばかりの環境になったので、今までの緊張感のようなものはなくなっていました!

今学期は、
『Global Communication』(グローバル化する世界の中で人々や国家間におけるコミュニケーションについて学ぶ。)
『TEFL Skills』(英語教授法の基礎を学び4技能の指導方法などを修得する。)
『Text Studies』(広告や案内表示などの文学以外の書き言葉の文体について学ぶ。)
の3種類の授業と、各授業の内容をより深く理解するためのTutorial(チュートリアル)を履修します。


中でも、『TEFL Skills』はTeachingに関する授業なので教職課程を取っている自分にとってはとても興味のある内容です!どの授業も面白そうな内容なのでとても楽しみです!

1つの授業は大体、15人以下の比較的少人数で行われます。そのため、授業中に先生から発言を求められる機会が多くなります。また、教員と生徒の距離がとても近いため、生徒が簡単に質問できる環境が整っています。先生方は分からないことがあったら、すぐに質問してねと、ウェルカムに待ち構えてくれています!(笑)今学期は積極的に授業に参加して、自分の力をつけていきたいです!



話は変わりますがイギリスは日本と比べて、レンガ造りの古い建物が数多く現存しています。私たちが普段、授業を受けている建物も、1920年から1967年に操業していたレンガ造りのミルク工場だったそうです!当時は二階建てだった建物を増改築して使っているみたいですね!
バッキンガム大学では歴史的な建物と豊かな自然に囲まれながら、ゆったりとした時間の中でのびのびと勉学に励むことができます。イギリスの天気は曇りの日が多く、青空を見れる日が少なくスッキリしない天気が続きがちですが、上手に気分転換をしてリラックスした生活を送っていきたいです。
Welfare (保健室のようなところ)に行けば、ドッグセラピーを受けることができるんです!かわいい犬とのふれあいで、癒されます!!


自分がDD留学を目指している時、先輩方が書かれていた、このDD日記を読んでイギリスでの留学生活を夢見て頑張れました。このDD日記が1人でも多くの方の支え、励ましになれば、これ以上に嬉しいことはありません。この留学を支えてくれている皆様への感謝を忘れずに、勉学に励んで参ります!!


くわちゃん
ページ公開日:2017年10月03日 09時54分