2018年08月14日 09時45分

留学日記(イギリス・バッキンガム大学夏季語学研修 2018年8月14日)

今日の午前、私たちは明日の観光旅行のために、ロンドンについて学びました。ロンドンには魅力的な場所が本当にたくさんあり、明日のロンドン旅行がますます楽しみになってきました。午前はその他にも、タブーゲームをしました。タブーゲームというのは、特定のタブー(禁止)ワードを使わずに、お題になっている単語を当てるゲームです。私たちは二つのチームに分かれました。チーム名は午前の授業でちょうど学んでいた「Big Ben」と「Soldiers」。私は「Soldiers」の一員でした。私たちはそれぞれ、自分のチームから一人ランダムに選ばれた解答者に、タブーワードを使わずに英語で説明しなければなりませんでした。ゲームはとても難しかったけれど、とても面白かったです。
午後には、イギリスの文化と祝日、祭りについて学びました。例えば、「Cheese Rolling」という祭りでは、人々が「The Cooper's Hill」という丘を、転がっていくチーズの塊を追いかけ、転がりながらも最速で駆け降りるレースが行われます。このレースの勝者は、追いかけていたチーズの塊を手に入れることができるのだそうです。チーズが好きな私にとっては少し魅力的ですが、動画を見た限り、かなり危険な祭りのようです。
その後、「cream tea」をたしなむときのためのエチケットについても学びました。私にとっては少し複雑で、少し混乱してしまいました。けれど、帰ってホストマザーに聞いてみると、ちょっと“古典的”すぎて、今のイギリス人でも知っている人は少ないようです。……日本における茶道と似たようなものでしょうか? 少し親近感が増したような気がします。


Ulte
ページ公開日:2018年08月14日 09時45分