2018年08月27日 09時59分

留学日記(イギリス・バッキンガム大学英語DD5期 2018年8月27日) 

<カンバセーションクラブについて>

みなさん、こんにちは!よっしーです!日本ではまだまだ残暑が続いているようですが、イギリス・バッキンガムではすっかり秋らしい気候に変わってきました。最近は、約18~22度くらいの気温で肌寒く、上着が必要です。季節の変わり目なので、体調を崩さないように気をつけたいと思います!

さて、今回の日記では私たち英語DD5期生が約8ヶ月前から参加しているカンバセーションクラブについてお話したいと思います。

カンバセーションクラブは週に1回開催され、参加は任意で、英語を母語としない学生が英語を「話す力」を伸ばすための講座として開かれています。毎回授業内容は私たち生徒のニーズに合わせて組まれているので、とても役に立っています。

例えば、日本人の生徒はRとLの発音の違いを出すのを苦手としている傾向にあることを踏まえて、先生がRとLを含んだ紛らわしい単語の発音をいつも授業に組み込んでくれています。私も最初はこの発音を何度も先生に直されていましたが、カンバセーションクラブのおかげで少しずつ苦手を乗り越えることができました!!

そのほかにも、最近は英語を使った「ミニお芝居」のようなものを毎回やっていて、先生にその場で出されたお題に合わせてグループやペアで即興のお芝居をしています。例えば、5月には「ヘアリートウ」というお芝居をしました。先生が帽子などの小道具を用意してくださり、役になりきってみんなでのお芝居はとても楽しかったです。担当の先生がいつも私たちを楽しませるアクティビティを用意してくださるので、毎回の講座で楽しく明るい雰囲気のなか、英語を練習できています!!


ヘアリートウのお芝居をした際の写真↓
創価大学にもワールドランケージセンターという会話力を伸ばすための施設はありますが、留学中の今もこうして特別に英会話の練習をする機会に恵まれていることに、本当に感謝しています。留学生活も残り約3ヶ月半となり、イギリスで学べる時間は限られてきました。最後まで悔いのない留学生活を送るため、毎日自分の課題にぶつかっていきたいと思います!

よっしー
ページ公開日:2018年08月27日 09時59分