• NEWS
  • 本学経済学部2年生の書評が「週刊読書人」へ掲載されました

2021年10月22日

本学経済学部2年生の書評が「週刊読書人」へ掲載されました

本学経済学部2年の大久保春輝さんが投稿した「生きるぼくら」(原田マハ著)の書評が、8月13日付の書評専門紙「週刊読書人」の「書評キャンパス・大学生がススメる本」に掲載されました。

週刊読書人は、一般社団法人日本書籍出版協会が1958年に創刊した機関紙で、年間約700点もの書評を掲載しています。「書評キャンパス 大学生がススメる本」のコーナーでは、現役大学生が自ら選んだ本の書評を書き、機関紙の他、「週刊読書人ウェブ」でも紹介されます。

今回掲載された大久保さんは、「本を読むことで自分の世界観が広がることが、読書の魅力だと感じています。小さい頃から読書は好きで、読んだ本の感想を書き留めるようにしていました。今回、図書館からの案内で書評の募集を知り、プロの方に添削いただけるならと応募しました。まさか自分の書評が掲載されると思っていなかったので驚きましたが、将来は表現することを仕事にしたいと思っているので、今回の経験を活かし、もっといい文章が書けるように頑張ります」と喜びを語りました。
ページ公開日:2021年10月22日