ニュース

2014年09月26日

創価大学が文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」に採択!

 9月26日に、2014年度の文部科学省スーパーグローバル大学等事業「スーパーグローバル大学創成支援」の採択結果が公表され、本学申請の「人間教育の世界的拠点の構築―平和と持続可能な繁栄を先導する『世界市民』教育プログラム」事業が、我が国のグローバル化を牽引する大学を対象とした「タイプB(グローバル化牽引型)」に採択されました。

 本事業は「我が国の高等教育の国際競争力の向上を目的に、海外の卓越した大学との連携や大学改革により徹底した国際化を進める、世界レベルの教育研究を行うトップ大学や国際化を牽引するグローバル大学に対し、制度改革と組み合わせ重点支援を行うこと」を目的としています。
 タイプBには、全国の国公私立大学93大学が申請し、そのうち24大学が採択されました。採択の内訳は、国立10大学、公立2大学、私立12大学でした。
 
 今回採択された主な事業構想として、本学がこれまで進めてきたグローバル人材の育成を、より加速されるため「グローバル・モビリティ」「グローバル・ラーニング」「グローバル・アドミニストレーション」「グローバル・コア」の4つの事業に取り組みます。

 第1に、教育環境の国際的多様性を促進するために、外国人留学生や海外派遣日本人学生などの拡大を目指す「グローバル・モビリティ」の取り組み、第2に、教育プログラムの国際的通用性の向上を図る「グローバル・ラーニング」の取り組み、第3に、学内会議・文書等の英語対応や、外国人教職員の割合を増やすなど、学内ガバナンスのグローバル化を促進する「グローバル・アドミニストレーション」の取り組み、第4に、教育・研究におけるグローバル化の推進を総合的に担う「グローバル・コア・センター」を設置し、さらに国際機関やグローバル企業で活躍する高度な人材を養成する仮称「平和・世界市民教育研究科」(大学院)の開設を進める「グローバル・コア」の取り組みです。
 
 採択にあたり、馬場善久学長は、「平素より創価大学に対し、多大なご協力、ご支援を賜り、誠にありがとうございます。ご支援を続けてくださる卒業生や関係者の皆様、本学発展のためにご尽力くださっている教職員や学生の皆様のおかげで、この度の採択となりました。今回の採択を機に、創立者池田大作先生が示された建学の理念のもと、国際社会を創造的に切り開く『知力』と『人間力』を兼ね備えた『世界市民』を育成する『人間教育の世界的拠点』を築いてまいります。そして日本の高等教育のグローバル化を牽引していく責務を果たしていきたいと思います」と語りました。



  • (独)日本学術振興会ホームページ内「スーパーグローバル大学創成支援 審査結果」

  • 創価大学ニュース「創価大学が文部科学省『平成24年度グローバル人材育成推進事業』に採択」