2020年09月02日

第10回オープンカフェを開催

    第10回オープンカフェを開催

     今回のオープンカフェでは看護学部の長沼教授をお招きして開催されました。COVID-19による感染拡大を防ぐため、今回はオンライン上での開催となりました。長沼教授は大学生時代に小児看護学と母性看護学を学び、卒業後は看護師や助産師として13年勤務した後、大学院に入学し研究を行い、博士号を取得した経歴をお持ちであります。本会では自身の経験を踏まえて、現代女性のライフサイクルやキャリアプランを講演していただきました。
     女性のライフサイクルを大まかに示した「ライフサイクルの木」は、女性が就職や大学院進学後を起点に自分のキャリアをどういう風に進めていくのか、また結婚や出産を交えて子供を作るのかどうかなど、人生のターニングポイントとも言える選択肢を図で示しており、明確でわかりやすい説明をしていただきました。これに加えて、長沼教授自身が社会人大学院に入学した後に苦労したことなど、実体験に基づいた経験談を話していただきました。特に、大学院博士課程においては、研究を行うことはもちろんのこと、乳児を育てないといけない状況下で、育児を補助する社会資源の活用をするなど、自身の時間を有効に使うことが大変重要だと感じました。
     
    ページ公開日:2020年09月02日