創価大学のSDGsの取り組み

創価大学は、「創造的な世界市民」の育成を教育目標に掲げ、教育・研究等の取り組みを通して、SDGs(持続可能な開発目標)の達成と「誰も置き去りにしない」という地球社会の実現に貢献していく。

SDGsとは?

創価大学では、開学以来「創造的人間の育成」を掲げています。これは、ごく簡単に言いますと「社会貢献を目指す学生の育成」ということです。創立者池田大作先生は1996年にコロンビア大学ティーチャーズ・カレッジで「『地球市民』教育への一考察」という講演をされました。この講演で、私たちが取り組んでいくべき4つの問題として「平和」「環境」「開発」「人権」を挙げられました。創価大学では、これまでこの提言に対して学生をはじめ様々な取り組みを実施してきました。これらの取り組みとSDGsとは、かなりの部分で重なるところが多いです。

(SUN99号 SDGsスペシャル対談「吉本興業×創価大学」より抜粋)