2018年08月27日 10時20分

理工学部主催の「国際シンポジウム ISCMS」にマレーシア科学大学が参加!

    理工学部で「化学および材料化学に関する国際ミニシンポジウム」を開催!

     8/23-24 理工学部で「化学および材料科学に関する国際ミニシンポジウム」が開催されました。

     工学研究科/理工学部では2016年に本学と学術交流協定を締結しているマレーシア科学大学の化学研究科から8名の教員および大学院生の参加を得て標記シンポジウムを開催しました。 このシンポジウムは,創価大学理工学部平成2930年度国際共同研究「新規な機能性有機・高分子化合物の合成と特性評価について」の一環として開催されたものです。マレーシア科学大学側から7件,創価大学からは大学院生と教員を合わせて11件の研究発表と,神戸大学の森敦紀教授による基調講演が行われました(プログラム等は下記ホームページから)。
     工学研究科では
    2011年にマレーシア科学大学化学研究科と研究交流協定を締結するなどの学術交流に努めてきましたが,このシンポジウムが化学および材料科学の分野でのさらに広範囲な学術交流のきっかけとなることが期待されます。

    ISCMSついて

    [問い合わせ先]

    創価大理工学部 伊藤眞人

    電話:042-691-9448

    メールアドレス:itomasa@soka.ac.jp

    ページ公開日:2018年08月27日 10時20分