• 入試案内
  • 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う2021年度入学試験における本学の対応について

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う2021年度入学試験における本学の対応について

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う2021年度入学試験における本学の対応を決定いたしました。
※2020年10月8日時点での情報です。コロナウイルス感染症によって、新規対応・変更等が発生した場合は、随時更新致します。

受験生の皆さんへのお願い

試験日までに受験生の皆さんにご協力いただきたいことをまとめましたので、必ずご確認ください。
なお、今後の感染症の状況等により、内容を変更する場合があります。

詳細は、「受験生の皆さんへのお願い(新型コロナウイルス感染症対策)(PDF)」をご参照ください

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う2021年度入学試験における本学の対応について

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う、2021年度入学試験における本学の対応として、下記の内容が決定いたしましたのでお知らせします 。
1.自己推薦入学試験(資格・検定選抜型)における出願資格の要件について
2.出願書類(調査書・自己推薦書・外部検定試験)の対応について
3.自己推薦入学試験(英語選抜型、資格・検定選抜型)における選考方法の変更について
4.新型コロナウイルス感染症等に罹患した場合の受験機会の確保について(一般入学試験の追試験の設定)
5.今後、緊急事態宣言の再発令や新型コロナウイルス等による緊急措置が発生した場合について

1.自己推薦入学試験(資格・検定選抜型)における出願資格の要件について

自己推薦入学試験(資格・検定選抜型)の出願資格に、「④ 以下の資格・検定等のいずれかを取得している者。」として、以下の各種検定試験・資格等のいずれかを取得している者を出願資格としていますが、この資格要件の④を削除し、①~③及び⑤の出願資格を満たしている場合には、出願を認めます。

<出願資格>
以下の条件を満たす女子。
①本学の建学の指針を理解し、本学への入学を第一志望とする者。
②高等学校もしくは中等教育学校を2021年3月卒業見込みの者。ただし、創価高校、関西創価高校は除く。
③調査書の全体の学習成績の状況が3.5 以上の者。
④以下の資格・検定等のいずれかを取得している者。
・日本商工会議所・各地商工会議所簿記検定試験3級以上。
・全国経理教育協会簿記能力検定2級以上。なお、商業簿記(会計学)または工業簿記(原価計算)の科目合格も可。
・全国商業高等学校協会簿記実務検定2級以上。なお、1 級については会計または原価計算の科目合格も可。
・全国商業高等学校協会情報処理検定ビジネス情報部門2級以上。
・MOS Wordスペシャリストレベル以上またはMOS Excelスペシャリストレベル以上。
・ITパスポート。
・実務技能検定協会ビジネス文書検定2級以上。
・実務技能検定協会秘書検定2級以上。

⑤ 合格した場合には、本学に必ず入学する者。

2 .出願書類(調査書・自己推薦書・ 外部検定試験 )の対応について

(1)学習成績の状況(評定平均値について)
本学の自己推薦入試(英語選抜型、資格・検定選抜型)、公募推薦入試の出願資格に設定している、調査書の全体の学習成績の状況評定平均値 及び英語の学習成績の状況評定平均値の基準に変更はありません。「調査書の全体の学習成績の状況(評定平均値)及び英語の学習成績の状況(評定平均値) 」は、各校の休校等の事情を考慮して決定された学習成績の状況を本学は受け入れます。休校等により第3学年の評定を記載できない場合は、その理由を付して記載不可とすることを認めます。
(例:「新型コロナウイルス感染症に伴う休校のため記載不可。」)

(2)特別活動及び指導上参考となる諸事項の記載について
自己推薦入試(英語選抜型、資格・検定選抜型)の際の提出資料である「調査書」に、休校や大会、資格・検定試験等の中止等により、活動内容等を記載できない場合は、その理由を付した上で、当初参加を予定していた大会名や資格・検定試験名などを記載することを可とします。なお、同様に、「自己推薦書」の該当の個所にも、当初参加を予定していた大会名や資格・検定試験名などを記載してください。
(例;「○○○に参加予定であったが、新型コロナウイルス感染症の影響により中止。」)

3.自己推薦入学試験(英語選抜型、資格・検定選抜型)の実施方法の変更について

10月24日(土)、10月25日(日)に実施される 自己推薦入学試験(英語選抜型、資格・検定選抜型)の実施方法が変更になります。
(変更点)面接試験を、オンライン会議システムZoomにより実施します。
試験日当日に創価女子短期大学に来ていただく必要はありません。
試験日当日までにオンラインによる面接試験を受験できる環境をご準備いただく必要があります。事前に以下の機器類及びインターネット、Wif i 等の通信環境 をご準備ください。

●デスクトップコンピュータ、ノートパソコン、タブレット、またはスマートフォン:極力、ノートパソコン、タブレットの使用 を推奨します。
●カメラ:PC等に内蔵 、または外部のWebカメラ。
●マイク付き イヤホンまたはヘッドホンを推奨します。
●Zoomアプリ:使用する機器に事前にインストールしてください。
※事前に、通信環境接続テストを行います(詳細は後日発表します)。
※本学では、パソコン等の機器の貸し出しは行っておりません。

4 .新型コロナウイルス感染症等に罹患した場合の受験機会の確保について(一般入学試験の追試験の設定)

2021年2月4日に実施予定の、本学の一般入学試験受験予定者が、新型コロナウイルス感染症等に罹患した場合の受験機会の確保として、特例対応として、一般入学試験の追試験を設定します。
試験日程:2021年3月14日(日)
合格発表日:2021年3月19日(金)
試験場:創価女子短期大学のみ
試験方法:筆記試験 英語(1科目)
※英語外部検定試験の英語スコア等所持者であっても、英語の免除はありません。

<申請方法>
一般入学試験 の追試験を希望する場合は、 2021年2月3日(水)・2月4日(木)の8:30AM~4:00PMに、入試事務室まで電話での連絡の上、①医師の診断書(新型コロナウイルス等に感染、又は感染が疑われる旨の記載があることが必要 。原本に限ります。 )、②「追試験申請書」を申請期限までに提出していただきます。

<申請期限>
2021年2月3日(水)・ 2月4日(木)の各日とも、8:30AM~ 4:00PM。追試験申請書をEメールまたはFAX 042(691)9301 にてご提出ください。その後、医師の診断書(原本)を書留速達郵便にて2021年2月6日(消印有効)までに本学入試事務室までご郵送ください。

【連絡先】創価女子短期大学入試事務室 042(691)9480

5 .今後、緊急事態宣言の再発令や新型コロナウイルス等による緊急措置が発生した場合について

今後、緊急事態宣言の再発令や 、新型コロナウイルス感染症等の影響が広がるなどした場合に、 試験日や選考方法等を変更する特例対応を行う場合があります。特例対応の内容等については、決定次第、創価女子短期大学ホームページに掲載いたします。