受験生へのエール

公募推薦入試

後藤美月さん
後藤美月さん(山梨県出身)
―短大をめざされた理由は何ですか
はじめは創価大学を第一志望としていました。創価大学のオープンキャンパスで出会った創大生が短大からの編入生で、「短大いいよ!」って勧めてくれたんです。短大から編入もできるし、女性教育を受けたいなと思って短大を受験しました。

―受験勉強はいつから、どのように進めていきましたか
3年生になってから、勉強を開始しました。“Next Stage”という参考書を繰り返して勉強しました。また過去問をひたすら解きました。授業の休み時間には単語帳で勉強しました。面接対策として高校の先生にお願いしました。

―山梨から通うのは大変ですか
片道2時間弱かかります。はじめは大変でしたが、慣れちゃえば大丈夫です。行きも帰りも電車の中では座ることができるので、助かっています。

―将来の夢は?
短大卒業後は創価大学文学部へ3年次編入学が決まっています。将来はまだ決まっていないですが、英語を使った仕事をしたいと思っています。

―受験生へのメッセージをお願いします
不安があると思うけど、やっていることは自分のためになっていると思うので、前向きにしていけば、いい結果が出るのでがんばってほしいです!
玉江かな子さん
玉江かな子さん(神奈川県出身)

 
―短大をめざされた理由は何ですか
すぐに働きたかったのと、卒業生である実の姉の影響ですね。オープンキャンパスに来たときに現役短大生から親身になって相談に乗ってもらえたのもとても大きな励みになりました。

―どのように受験勉強を進めていきましたか
英語が苦手だったので、国語だけを勉強しました。英語の勉強は「公募がだめだった時に考えればいいや!」と割り切りました。熟語ドリルや文法や敬語など勉強しました。過去問も何回も解きました。また面接対策は高校の先生にお願いしました。最後の面接はちょっと怖い先生にお願いしました(笑)。

―将来の夢は?
もともと建設会社の事務をやりたかったのですが、就職先も大手ゼネコンに決まりました。建設現場のみなさんが気持ちよく働けるよう、「縁の下の力持ち」として職場で必要とされる人になりたいと思っています。

―受験生へのメッセージをお願いします
短大に来て本当に良かったと思っています。資格も取れますしね。みんなにぜひ来てもらって、共々に一流の女性へと成長しましょう!

一般入試

高間広美さん
高間広美さん(石川県出身)
―短大に入学した理由は何ですか
高校が就職メインの学校で、進学校ではありませんでした。創価大学めざして勉強していましたが、すべて落ちてしまい、一度も来たことがありませんでしたが、短大に合格したので、創価大学編入をめざして、入学しました。

―どのように受験勉強を進めていきましたか
部活が終わった高3の夏から勉強を開始しました。夏休みなんか引きこもり状態で勉強していましたね(笑)。毎日13時間勉強しました。英語も基本から勉強し直そうと、中学レベルの英語から勉強しました。

―将来の夢は?
英語の先生になりたいと思っています。短大卒業後は創価大学文学部へ編入をします。高校から直接創価大学ではありませんでしたが、その分、短大2年間で学べたことは大きかったと思います。女性しかいませんから、本音を共有できますし(笑)。またSUA短期留学に行けたのも短大に来て良かったと思うことです。

―受験生へのメッセージをお願いします
たとえ現在の学力が低くても、絶対に諦めなければ伸ばせることができます!最後までがんばってください!!
高橋知佳さん
高橋知佳さん(長野県出身)
―短大に入学した理由は何ですか
ホントは創価大学志望でしたが、不合格だったので、すべり止めに受けて合格した短大に来ました。でも2年間で集中して学べるし、資格試験にも強いと聞いていたので、短大に魅力も感じていました。

―どのように受験勉強を進めていきましたか
過去問を中心に勉強しました。英語が苦手で、長文に慣れるように努力しましたね。国語はセンター試験と違い独特の問題を短大は出しているので、幅広く勉強しました。参考書などは利用せず、高校から配られるプリントを利用していました。

―将来の夢は?
人の命を守る、警察関係の仕事につきたいと思っています。短大卒業後は創価大学法学部に編入しますので、短大2年間で培った力で自信を持って創価大学で学び、夢を実現させたいと思います。

―受験生へのメッセージをお願いします
今、がんばっていることはいずれ形を変えて自分のところへ帰ってくると信じています。みなさんが最後までがんばってくれることを応援しています!