受験生へのエール

自己推薦入試

福岡由美さん(国際ビジネス学科2年)
福岡由美さん(香川県出身)
―短大に入学した理由は何ですか
在学していた姉の、何事にも誠実に取り組む姿を見て、私も姉のように短大で成長したい!姉のように優しく、誰からも信頼される聡明な女性になりたい!と思ったのがきっかけです。また、英語をもっと実践的に学びたいと思っていたとき、短大の充実した学習環境に惹かれ、受験を決意しました。

―どのように受験勉強を進めていきましたか。
自己推薦入試では英語での面接があったので、高校の外国人の先生に面接指導をしていただきました。私はスピーキングがとても苦手だったので、トピックを自分で考えて積極的に意見を言う練習を多く行いました。この対策はとても役に立ったと思います。また、休み時間や登下校の電車の中で単語帳を開き、1つでも多くの英単語を覚えるように勉強しました。

―短大に入っていかがですか。どのような経験をされましたか。入学前に期待していた通りですか。
毎日がとても充実しています。勉強は大変ですが、受験生の頃からの目標であった、E-Swansの授業を受けることができ、自分の実力を伸ばせる環境で勉強することができました。また、これまで自信がなくて挑戦を諦めていた海外の語学研修にも参加することができ、自分自身の成長を実感しています。また、姉から短大姉妹や友人との絆の素晴らしさは聞いていましたが、実際に入学してみて、想像以上に深い繋がりを持つことができました。辛いとき、嬉しいときにいつも友だちや先輩がいてくれて、たくさんの勇気と元気をもらっています。

―受験生へのメッセージをお願いします
毎日の受験勉強、本当にお疲れ様です。今はとても大変な時期だと思いますが、どうか最後まで頑張ってください。受験期の努力は決して無駄ではなかったことを、短大生活を送っている中でとても実感しています。皆さんの120%の実力が発揮できることを心から祈っています。
佐藤佳奈さん(国際ビジネス学科2年)
佐藤佳奈さん(神奈川県出身)
―短大に入学した理由は何ですか
オープンキャンパス時に感じた、短大生のきらきらと輝いている姿を見て、私もこの短大で創価の女性教育を受け、聡明な女性リーダーに成長していきたいと思ったからです。

―どのように受験勉強を進めていきましたか。
自己推薦入試を受験し入学しました。自己推薦入試では日本語と英語の面接がありましたが、英語面接の対策として高校にいたネイティブの外国語教師の方と放課後お時間をいただいて、毎日一緒に英検の面接対策などを活用しながら、英会話の練習を一生懸命しました。ネイティブの先生と練習したこの期間のおかげで、実際の英語面接も落ち着いて自信を持って受けることができました。

―短大に入っていかがですか。どのような経験をされましたか。入学前に期待していた通りですか。
短大を選んで本当によかったと心から感じています。短大には自分自身を成長させていける挑戦の場がたくさんあります。私自身、白鳥祭の副実行委員長や、現在は学生会執行委員会で活動しています。大変なことももちろんありますが、そばにはいつも温かい同期や姉たちがいて、たくさんの励ましの輪が広がっています。入学前期待していた以上の充実した短大生活を送ることができており、本当に楽しいです。

―受験生へのメッセージをお願いします
私自身、受験期間は自分自身との葛藤や、周りと比べて劣等感を感じとても辛い時がありました。ですが今振り返ってみると、もがきながら頑張ったその日々こそ今の自分を支える原動力になっていると感じます。この創価女子短期大学の創立者は「英知を磨くは何のため 君よ それを忘るるな」と仰っています。未来の短大生の皆さん!この創価女子短期大学で共に、志高く学ぶことのできる日を心から楽しみにしています!
 

公募推薦入試

森奈々絵さん(国際ビジネス学科2年)
森奈々絵さん(千葉県出身)
―短大に入学した理由は何ですか
オープンキャンパスに行った時の、温かい雰囲気にとても魅力を感じました。そして、短大は卒業してからも色々な進路があるので当時具体的な夢が決まっていなかったので短大で教養を磨いてから進路を決めようと思いました。

―どのように受験勉強を進めていきましたか
まずは時期が近い公募推薦に向けて、小論文の対策をしました。小論文の参考本を購入し、高校の時の先生から小論文の課題を頂いてとにかく色んな問題を解きました。また、新聞を読んでそれを自分の文章でまとめる方法も、語彙力upの力になりました。また、並行して英語と国語の過去問を解いていました。

―短大に入っていかがですか。どのような経験をされましたか。入学前に期待していた通りですか。
短大に入って、高校生の時とは別人のように色々なことに挑戦出来ました。寮に入って友人と生活し、寮祭では学内活動することの楽しさを知り、スクーリング役員、寮役員として寮の建設に携わり、現在はクラブ連合会運営委員会として活動させて頂いています。短大に入って自分が思っていた以上に色んなことを経験し、今までの自分とは比べ物にならないくらい成長させてもらっています。

―受験生へのメッセージをお願いします
創価女子短期大学は、とにかく温かくて、全員がありのままで、輝くことができる素晴らしい場所です。皆さんが、使命の進路に進めるよう、創価女子短期大学の姉達は祈っています。新型コロナウイルスで、大変な状況の中ですが、お身体を大事に、共に負けずに頑張りましょう!!
川端りこさん(国際ビジネス学科2年)
川端りこさん(兵庫県出身)
―短大に入学した理由は何ですか。
オープンキャンパスで出会った先輩たちの姿に憧れ、短大で女性教育を受けたいという思いが強かったからです。また、資格試験にも強い大学であることに魅力を感じて入学しました。

―どのように受験勉強を進めていきましたか。
小論文と面接試験だったため、小論文は高校3年生の夏休みから教科書を購入し対策に励みました。夏休み後から本番までは、先生に何度も添削をしていただきながら対策しました。面接対策も同様に先生に自分から面接練習をお願いし、本番を想定して何度も練習をしてその度にフィードバックをいただきながら準備しました。

―短大に入っていかがですか。どのような経験をされましたか。入学前に期待していた通りですか。
私は1年次の前期は部活動、委員会活動に何も挑戦してこなかったのですが、周りの短大生の頑張りに奮起され、後期に執行役員に挑戦しました。やはり、何かに挑戦している方が日々充実しておりますし、仲間との交流も増え、入学前に思い描いていた楽しい短大生活を送ることができています。

―受験生へのメッセージをお願いします。
今の世の中の現状に不安を抱きながらの日々の受験勉強本当にお疲れ様です。不安なことは抱え込みすぎず、友人や家族の力も借りながら、悔いのないよう頑張ってください。みなさんが未来の短大生として入学してくれることを心待ちにしています!