デラサール大学 Br.レイムンド・B・スプリド FSC学長

本年、50周年をお祝いし、今回このようなお祝いの瞬間を共有できることに非常に名誉なことだと認識しております。品質の良い教育を提供することは大変なことであり、すべての名門大学ができることではありません。しかし、貴学はこの困難を乗り越え、本学のパートナーとして誇り高き大学であります。

2008年から覚書を締結した時から12年が経ちました。2017年及び2018年は特別な年であり、国際市民プログラムとして貴学を招聘しました。貴学の生徒に本学の選ばれたメンバーによる学部での授業に参加していただきました。
そのプログラムの際、本学はブラザーズメモリアル庭園にて素晴らしい礼典を開催しました。その際、貴学の生徒に対し、第二次世界大戦において本国でどのような悲惨な出来事があったかを説明してくれ、非常に心を揺さぶられました。

貴学は若者の心を開き、若者を育てる大学です。国際化に情熱をささげ、人種の壁を乗り越え、国際的なコミュニティを作り出すことができるのが創価大学です。
私たち、デラサール大学をパートナーとして選んでいただいたことに感謝し、偉大なる道を開いてきた貴学を称賛し、この関係を続けていくことを切に願っております。

トップへ戻る
寄付事業の
ご案内
2030年への
Vision