学長挨拶

理想に向かってしなやかに生きる「人間としての力」を備えた、
聡明な女性リーダーをきめ細やかな教育で育成します。

学長 石川 惠子
創価大学別科(日本語研修課程)別科長
創価大学副学長補を歴任。教授。
本学は1985年に、創立者池田大作先生によって設立されました。
「知性と福徳ゆたかな女性」「自己の信条をもち人間共和をめざす女性」「社会性と国際性に富む女性」との建学の指針に基づき、国際ビジネス学科と現代ビジネス学科、英語コミュニケーション学科を設置しています。

実践的な専門教育を通して、地球的な視野を持ち、社会の中で積極的に行動し、人々の幸福と世界の平和に貢献する人に成長しようという強い意志と意欲ある女性の育成に取り組んでいます。

予測の難しい現代の社会にあって、これからはより深い教養をもった聡明な女性のリーダーの活躍が求められています。女性こそが、未来における理想社会の建設者として、人間の尊厳、生命の尊厳を次代に受け継いでいかなければなりません。一方で女性の生涯には多様なステージがあります。常に選択と決断を迫られることが多いことと思います。他者への思いやりを持ち、自らの意思や考えを周囲に伝える発信力、また諸処の状況、環境、人々との関わりを作り上げていく調整力も大切になりましょう。

創価女子短期大学での2年間の学びは、こうした人間としての力を涵養するためにあるのです。創立者は「心清く、心優しく、強き乙女に」と語られています。女性らしい献身と貢献の心とともに、理想をめざし勇気をもって社会へ、世界へ、大きく一歩を踏み出すための、人としての力と教養を、ぜひ本学で磨いてください。高い志を持つ皆さん方の夢の実現に私たちは全力で応援してまいります。