4年制大学への編入

短大での2年間の学びを基礎に、もっと広く深く学問を修めたい。
創価大学への3年次編入学の制度が充実。

創価女子短期大学では、さらなる向学心から、より専門的な知識を深めたいと4年制大学への編入を希望する学生がいます。創価大学をはじめ、多くの大学から指定校推薦の案内が寄せられており、学生が希望の進路に進めるよう、キャリア支援室に各種編入学の資料やデータを取り揃え、推薦情報を公開。進路相談を行うなど、編入学のサポートも万全です。

編入学への準備と流れ

編入学の実績

創価大学への編入
  • 平成30年度・・・創価大学(推薦)   55名
  • 平成29年度・・・創価大学(推薦・一般)58名
  • 平成28年度・・・創価大学(推薦・一般)58名
  • 平成27年度・・・創価大学(推薦・一般)59名
創価大学以外の編入
平成29年度(推薦・一般)
  • 相模女子大学、放送大学、日本大学、明治学院大学、京都学園大学

先輩の体験談

市川純子さん(創大工学研究科修士課程2年)
―もともと理系だったのですか。
いえいえ。文系です。短大で亀田先生のゼミでロボットを使った研究をしたのがきっかけで、創大工学部へ編入学しました。高校時代の友人は私の進路に驚いていますね。

―具体的にはどのような研究ですか。
短大時代はロボットを使った高齢者の生活見守りシステムについて研究していました。現在はお掃除ロボットを使った高齢者の転倒検知システムについて研究しています。

―もともと文系だったから、理系の研究は大変なのでは?
はい。心が折れそうな時もありました(笑)。それでも踏ん張れたのは短大時代の誓いのおかげです。短大生として「道を開きたい!」との思いで、今までフランスのニースをはじめ全国各地で学会発表するなど、貴重な経験させていただきました。

―短大受験生へのメッセージをお願いします。
今、社会では女性の活躍が期待されています。ぜひ皆さんも創価女子短大で「女性教育」を学び、世界を舞台に活躍してください。あなたの活躍を心待ちにしている人が、世界のどこかに必ずいるはずです!