学生寮

姉妹の絆を深め、全国から集まった友人と過ごす共同生活。
創価女子短期大学ならではの寮生活!

キャンパス内にある「朝風寮」、短大まで徒歩10分にある「香友寮」

朝風寮
  • 2人部屋(収容人数110名)
  • 寮費等 350,000円(入寮費:50,000円、舎費:300,000円)※2017年実績
  • 各室 机、イス、本棚、ベッド、クローゼット、冷暖房
  • 共用施設 台所、集会室、風呂、トイレ、冷蔵庫、洗濯機
朝風寮
香友寮
  • 2人部屋(収容人数44名)
  • 寮費等 330,000円(入寮費:50,000円、舎費:280,000円)※2017年実績
  • 各室 机、イス、本棚、ベッド、クローゼット、冷暖房
  • 共用施設 台所、集会室、風呂、トイレ、冷蔵庫、洗濯機

1日のスケジュール

時間帯 スケジュール
6:20 起床
6:30~6:50 朝の清掃
18:50〜22:00 日直着任
18:30〜22:20 入浴
22:00 門限(遅れる恐れがある場合は各階副寮長に連絡を入れる。)
22:30〜23:00 夜の清掃
24:00 消灯

寮生活の魅力って?寮長に聞いてみました。

朝風寮
矢野 妙弥さん(福岡県出身)
矢野 妙弥さん(福岡県出身)
 1. 寮を選んだ理由は?
私が寮を選んだ理由としては、今しか出来ない経験をしたいと思ったことと全国各地から集い合う100人の仲間と切磋琢磨し合いながら共に成長出来るところに魅力を感じたからです。また、寮生活は勉学だけでは学べぬ人間教育を学べる場でもあるので、短大生活2年間の中で多くのことを学び、身に付けていきたいと思ったからです。
2. 寮の住み心地はいかがですか?
各階にテレビが1台あったりなど寮内の設備が充実しており、寮の住み心地はとても快適です。毎日、朝晩と隅々まで丁寧に掃除を行っているため寮内が綺麗です。フロア関係なく仲良くなれ、一生涯の友情を築くことが出来ます。試験がある時は、互いに教え合ったりハロウィンなどのイベントがある際は、みんなでご飯を作ったりして毎日がとても充実しています。
3. 寮に入って鍛えられたなぁと思うところはありますか?
寮に入って鍛えられたと思うところは、積極性と忍耐力だと思います。寮では挑戦出来る機会が多く、初めは自分に出来るのかと内気になる事が多かったのですが勇気の一歩を踏み出せた時、今しか出来ない事に積極的に挑戦しようという気持ちになりました。また、時に壁にぶつかる事もありますがそれも成長に繋がるんだと前向きな気持ちに切り替えています。
4. 寮生活の思い出はありますか?
寮生活の思い出は、たくさんありますが部屋替えや寮祭です。後期になると全体的に部屋替えを行います。不安な気持ちもありましたが、話したことの無い人と話せたりさらに友情の幅が広がったりと良かったです。寮祭では残寮生や寮生の出し物をしたりして、笑いあり感動ありで、とても楽しかったです。
5. 寮生活の失敗エピソードを1つ教えてください。
寮生活での失敗エピソードは、夕方に洗濯物をしていることを忘れて夜中に思い出してこっそりと取りに行きました。(笑)
6. 寮長として大切にしていることはありますか?
寮長として大切にしていることは、全体を見ること、一人一人と向き合うことを大切にしています。卒寮する頃には全員が「朝風寮で良かったと」思ってもらえるような寮生活を送っていけるように、どうすればいいのか考えています。100人以上もいるため、小さな変化にも気づいていけるよう日々頑張っています。
7. 短大を目指す高校生へのメッセージ
寮生活は、規則が厳しい面もありますが全国各地から集い合う仲間と出逢え、一生涯の思い出、友情を築くことができます。壁にぶつかる事も悩むこともあると思いますが、寮の仲間と助け支え合い共に成長する事が出来ると思います。短大を受験する方は、是非寮生活を経験してほしいなと思います。
香友寮
荒岡 稀奈さん(大阪府出身)
荒岡 稀奈さん(大阪府出身)

1. 寮を選んだ理由は?
10年前に香友寮で過ごした先輩とお話してて、最初は正直寮を希望していなかったのですが、香友寮で一生涯の友達をつくることが出来たとか、今でも連絡を取り合い、会って寮での懐かしい話をしたり、寮の仲間が居たから1年間の寮生活で楽しい思い出を作ることが出来た、という話を聞き、私も香友寮で最高の友達を作りたい、寮だからこそ学べることを学びたい、と思い、香友寮へ入寮することを決意しました。

2. 寮の住み心地はいかがですか?
とにかくベッドがマットレスなのでとてもフカフカしてて本当に最高です。お風呂も暖かいお湯に入れるので1日の疲れをそこでとっています。寮は集団生活なので、常に周りには人が居ますが、そのような環境だからこそ、たくさんの困難をも乗り越えることができました。そして、毎日の朝夜の掃除は正直慣れるのに時間がかかりましたが、それもみんなで掃除すると楽しく素早く、そして綺麗に掃除ができました。香友寮は20年以上前に建てられたものですが、代々のお姉さんが未来の妹のために清潔感を保ち続けてくれていたことを思うと、次の妹たちが気持ちよく暮らせるように、寮の規則をしっかり守ろう、と思えました。
3. 寮に入って鍛えられたなぁと思うところはありますか?
心の面です。寮には地方からたくさん人が入寮するので、習慣や性格など、本当にバラバラです。そしてまた親元を離れての生活で、ホームシックや人間関係の悩みなど、たくさんのことが一気に出てきて、自分じゃあどうしようもないな、と思ったこともありました。ですが、寮にはそんな私を支え、励ましてくれた仲間がいました。1人だと乗り越えることができなかったことも、みんなのおかげで自分も前へ進もうと思い、自分で作っていた限界の壁を破ることができました。
4. 寮生活の思い出はありますか?
全てが最高の思い出なんですが、特に印象に残っているのは、寮内で開催したクリスマスパーティーです。後期の寮生活は一年生が主体となるので、企画・提案などを私たちがさせていただきました。開催するまでにハプニングなどもありましたが、残寮さん・寮のみんなが協力してくれたおかげで、無事に大成功で終えることが出来ました。企画したゲームをしているときのみんなの笑顔や、すごく楽しかった、本当にありがとうって言ってくれたみんなの顔を今でも覚えています。
5. 寮生活の失敗エピソードを1つ教えてください。
寮に帰ると自分のランプをつけてから寮に入らないといけないのですが、その日はつけるのを忘れていて、日直さんに放送で言われ、急いで外にあるランプをつけに行って、寮に入ろうとしたら鍵が無いことに気付き、約15分間自分で自分を締め出してしまいました。15分後、日直さんに助けてもらい、もう2度とどんなに急いでても鍵を持ち忘れないようにしようと思いました。
6.寮長として大切にしていることはありますか?
残寮だから、寮長だから上の立場だとかではなく、香友寮で共に過ごす寮生と同じ立場に立ち、また常にみんなから学ばせてもらうことを大切にしています。また、どんなに忙しいときも寮生1人1人とのコミュニケーションを大事にし、その中で寮生からたくさんの元気や勇気をもらいます。寮生・残寮が日々支えてくれているからこそ、寮長をさせていただいていることに本当に感謝しています。
7. 短大を目指す高校生へのメッセージ
短大には短大でしか学べない人間教育、女性教育の場がたくさんあります。創立者は「女性の世紀を照らす人間教育の光の城こそ、私たちの創価女子短期大学なりと、声高らかに宣言したいのであります。」と、おっしゃってくださっています。私は、この創価女子短期大学で自身の原点を作ることが出来ました。その原点をつくることができたのも、短大の姉や同期そして妹、職員の方、香友寮で過ごせたお陰だと思っています。何より、創立者、奥様のお近くで学ばせてもらえるこの2年間は、本当に貴重で一瞬も無駄な時はありません。短大は、2年間で大学4年分を学ぶことが出来ます。そして、何ものにも代え難い友情をも築くことができます。私たちは、みなさんを全力で支え、応援します!ぜひ、創価女子短期大学へ来てね!!!

フォトライブラリ

朝風寮
香友寮