カリキュラムポリシー
教育の実施に関する方針

国際ビジネス学科

ディプロマ・ポリシーを達成するために、以下の方針に基づいてカリキュラムを編成しています。グローバル化が著しい世界で必要とされる地球市民としての教養、ビジネスの専門知識とスキルをバランスよく修得できるよう「地球市民教養科目」と「専門科目」を配置しています。
 特に初年次教育として、建学の指針および本学が目指す教育への理解を深める「教養講座Ⅰ・Ⅱ」(地球市民教養科目)と、大学での学びを知り、主体的、協働的な学びができる「基礎ゼミナール」(専門科目)、および「女性とキャリア形成」(地球市民教養科目)を必修にしています。

1.地球市民教養科目では、「人間教養科目」、「地球社会科目」、「外国語科目」、「ICT科目」、「キャリア教育科目」の科目群を置いています。
2.専門科目には、「ビジネス共通科目」と、4つの分野の科目群(「ビジネスホスピタリティ科目」、「簿記・会計科目」、「情報科目」、「グローバル科目」)を配置しています。
(1)ビジネス共通科目
「ビジネス共通科目」では、4つの科目群の学びの土台となる企業経営、経済、簿記、マーケティング等の基礎知識を修得します。能動的学修による「入門ゼミナール」、「ゼミナールA・B」の科目を置き、国際ビジネスの課題を様々な視点から学び、問題解決に必要な能力を身につけることができます。
(2)4つの科目群
①「ビジネスホスピタリティ科目」では、「オフィスワーク」、「バイリンガルオフィスワーク」、「販売とサービス」、「観光とビジネス」等の科目を置き、グローバル化するビジネスの各分野の知識や実務を学びます。「秘書検定中級」、「ビジネス文書検定中級」の科目は、検定試験の中級合格を目指し、そのスキルを身につけることができます。
②「簿記・会計科目」では、企業の会計情報を分析し、企業活動に活かすための知識を学修するために、「経営分析論」、「現代会計学」、「コーポレートファイナンス論」の科目を置いています。また「現代簿記」、「原価計算論」では、企業活動について組織的に記録・計算・整理するための知識とスキルを身につけ、「簿記検定初級」、「簿記検定中級」では、簿記検定の資格取得を目標に、実践力を高めることができます。
③「情報科目」では、ビジネス社会の情報技術の動向、情報が持つ社会的価値等を学ぶ「ビジネス情報ネットワーク」、「情報社会とビジネス」の科目を置いています。さらに、「情報データ分析入門」、「メディア表現Ⅰ・Ⅱ」等の演習を通し、情報を収集・分析する手法や、それをビジネス書類やプロモーション動画、Webページ等に表現するスキルを身につけ、活用することができます。
④「グローバル科目」では、グローバル社会で求められる英語力を養成します。「World Today」、「Discussion on Current Topics Ⅰ・Ⅱ」の科目では、時事問題や平和、環境、開発、人権等について学びます。Business Englishを習得するための「English for Tourism」、「English for Service and Sales」、「Business Presentation Skills」等では、特にコミュニケーション力、プレゼンテーション力を身につけます。また「English for Academic Purposes Ⅰ・Ⅱ」では、Academic Englishの読解力、表現力を高めます。 
3.海外での語学研修で取得した単位を認定する「海外研修科目」、および各種資格検定試験の上級合格をもって単位を認定する「資格認定科目」を設置しています。
4.各授業科目の成績は、定期試験による判定の他に、授業時試験、レポート、プレゼンテーション等により評価します。
5.本学科で要請される能力の達成度は、個々の学生における単位取得状況、GPA、資格、検定試験の取得状況等の直接的評価、および学修成果に対する達成度アンケートによる間接的評価により測定します。
 

現代ビジネス学科

ディプロマ・ポリシーを達成するために、以下の方針に基づいてカリキュラムを編成しています。 グローバル化が著しい世界で必要とされる地球市民としての教養、ビジネスの専門知識とスキルをバランスよく修得できるよう「地球市民教養科目」と「専門科目」を配置しています。 特に初年次教育として、建学の指針および本学が目指す教育への理解を深める「教養講座Ⅰ・Ⅱ」(地球市民教養科目)と、大学での学びを知り、主体的、協働的な学びができる「基礎ゼミナール」(専門科目)、および「女性とキャリア形成」(地球市民教養科目)を必修にしています。
 
  1. 地球市民教養科目では、「人間教養科目」、「地球社会科目」、「外国語科目」、「ICT科目」、「キャリア教育科目」の科目群を置いています。
  2. 専門科目には、「ビジネス共通科目」と、4つの分野の科目群(「ビジネスホスピタリティ科目」、「簿記・会計科目」、「情報科目」、「グローバル科目」)を配置しています。
  • (1)ビジネス共通科目
    • 「ビジネス共通科目」では、4つの科目群の学びの土台となる企業経営、経済、簿記、マーケティングなどの基礎知識を修得します。能動的学修による「入門ゼミナール」、「ゼミナールA・B」の科目を置き、国際ビジネスの課題を様々な視点から学び、問題解決に必要な能力を身につけることができます。
  • (2)4つの科目群
    • ①「ビジネスホスピタリティ科目」では、「オフィスワーク」、「バイリンガルオフィスワーク」、「販売とサービス」、「観光とビジネス」などの科目を置き、グローバル化するビジネスの各分野の知識や実務を学びます。「秘書検定中級」、「ビジネス文書検定中級」の科目は、検定試験の中級合格を目指し、そのスキルを身につけることができます。
      ②「簿記・会計科目」では、企業の会計情報を分析し、企業活動に活かすための知識を学修するために、「経営分析論」、「現代会計学」、「コーポレートファイナンス論」の科目を置いています。また「現代簿記」、「原価計算論」では、企業活動について組織的に記録・計算・整理するための知識とスキルを身につけ、「簿記検定初級」、「簿記検定中級」は、簿記検定の資格取得を目標に、実践力を高めることができます。
      ③「情報科目」では、ビジネス社会の情報技術の動向、情報が持つ社会的価値などを学ぶ「ビジネス情報ネットワーク」、「情報社会とビジネス」の科目を配置しています。さらに、「情報データ分析入門」、「メディア表現Ⅰ・Ⅱ」などの演習を通し、情報を収集・分析する手法や、それをビジネス書類やプロモーション動画、Webページなどに表現するスキルを身につけ、活用することができます。
    • ④「グローバル科目」では、グローバル社会で求められる英語力を養います。「World Today」、「Discussion on Current Topics Ⅰ・Ⅱ」の科目では、時事問題や平和、環境、開発、人権などついて学びます。Business Englishを習得するための「English for Tourism」、「English for Service and Sales」、「Business Presentation Skills」などでは、特にコミュニケーション力、プレゼンテーション力を身につけます。また「English for Academic Purposes Ⅰ・Ⅱ」では、Academic Englishの読解力、表現力を高めます。
  1. 海外での語学研修で取得した単位を認定する「海外研修科目」、および各種資格検定試験の上級合格をもって単位を認定する「資格認定科目」を設置しています。
  2. 各授業科目の成績は、定期試験による判定の他に、授業時試験、レポート、プレゼンテーションなどにより評価します。
  3. 本学科で要請される能力の達成度は、個々の学生における単位取得状況、GPA、資格、検定試験の取得状況などの直接的評価、および学修成果に対する達成度アンケートによる間接的評価により測定します。

英語コミュニケーション学科

ディプロマ・ポリシーを達成するために、以下の方針に基づいてカリキュラムを編成しています。 グローバル化が著しい世界で必要とされる地球市民としての教養、英語の専門知識とスキルをバランスよく修得できるよう「地球市民教養科目」と「専門科目」を配置しています。 特に初年次教育として、建学の指針および本学が目指す教育への理解を深める「教養講座Ⅰ・Ⅱ」(地球市民教養科目)と、大学での学びを知り、主体的、協働的な学びができる「基礎ゼミナール」(専門科目)、および「女性とキャリア形成」(地球市民教養科目)を必修にしています。
 
  1. 地球市民教養科目では、「人間教養科目」、「地球社会科目」、「外国語科目」、「ICT科目」、「キャリア教育科目」の科目群を置いています。
  2. 専門科目には、「基幹科目」、「応用専門科目」、「専門教養科目」、「ビジネス・情報科目」、「海外研修科目」、「資格認定科目」の科目群を配置しています。
    (1)「基幹科目」では、英語の4技能をさらに高めます。「English Communication Ⅰ・Ⅱ」や「English Composition Ⅰ・Ⅱ」は必修科目とし、特に表現力の向上に力を入れます。
    (2)「応用専門科目」では、「Creative WritingⅠ・Ⅱ」、「Academic ReadingⅠ・Ⅱ」、「English for Academic Purposes Ⅰ・Ⅱ」などの科目を通し、Academic Englishを修得します。また「English for Office Work」、「Communication for Business」、「English for Tourism Ⅰ・Ⅱ」などで、Business Englishの力をつけ、それぞれの目的に応じた英語力を養成します。能動的学修による「入門ゼミナール」、「ゼミナールA・B」の科目を置き、英語を通して、平和、人権、国際関係、ジェンダーなどを学び、問題解決に必要な能力を身につけることができます。
    (3)「専門教養科目」では、「アメリカ研究Ⅰ・Ⅱ」、「ヨーロッパ研究Ⅰ・Ⅱ」、「日英比較研究」などを学び、地球市民として活躍できる教養を身につけます。
    (4)「ビジネス・情報科目」では、ビジネス実務の基礎と、コンピュータを使ったビジネス書類やWebページなどの作成スキルを身につけます。
  3. 海外での語学研修で取得した単位を認定する「海外研修科目」、および各種資格検定試験の上級合格をもって単位を認定する「資格認定科目」を設置しています。
  4. 各授業科目の成績は、定期試験による判定の他に、授業時試験、レポート、プレゼンテーションなどにより評価します。
  5. 本学科で要請される能力の達成度は、個々の学生における単位取得状況、GPA、資格、検定試験の取得状況などの直接的評価、および学修成果に対する達成度アンケートによる間接的評価により測定します。