• NEWS
  • ビブリオバトル、スピーチコンテストを開催しました

2018/12/22

ビブリオバトル、スピーチコンテストを開催しました

12月20日(木)に本学伝統の第5回ビブリオバトルが開催されました。今回は4名の学生が、自分が薦める本の魅力について、熱く語り抜きました。制限時間がある中でしたが、本の紹介や自分が感じたことを多くの人の前で、話す機会はめったにないこと。出場した学生は全員1年生。緊張感のあるなか、4名は堂々と話すことができていました。厳正な審査の結果、チャンプは西松真帆さんの「幻想郵便局」(堀川アサコ著)に決定しました。表彰の後、鈴木図書館長から話があり、閉会しました。

以下、参加者の声です。「もっとビブリオバトルをやってほしい」、「みなさん堂々と発表されていて凄かったです」、「早く借りに行って読みたいと思いました。」、「とても楽しかったです。普段本を読まないので時間をみつけて読もうと思いました。」、「今回紹介された本は全部読みます!」「本のジャンルが様々でとても勉強になった。」、「全部読みたい本だったのでチャンプ本を選ぶのにとても迷いました。」、「白鳥祭でも開催したい。」などです。

また同日、第20回英語スピーチコンテストも開催。こちらは5名の学生が出場しました。5名のスピーチの後、コンテストには友情出演として、吹奏楽同好会とSeize the Day ヴォーカルグループが登場。素敵な演奏と歌声で場内を包んでくれました。その後、審査員の先生方による講評ののち、大谷教授から審査結果の発表が行われ、現代ビジネス学科2年生の佐々木温香さんが第一位に輝きました。後に石川学長から挨拶。全員で誉れの青春を合唱し、閉会しました。
ページ公開日:2018/12/22