学生相談・健康管理

学生相談室

学生相談室
本学では、学生のこころの健康をお手伝いする「短大学生相談室」を設けています。
学生の皆さんのさまざまな悩みに対するご相談をお受けします。どうぞお気軽にご相談ください。
(予約制)

お知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止による自粛生活の延期や前期を通してオンライン授業が行われるなど、生活や修学上において様々な不安を抱えている学生さんもおられると思います。

 

学生相談室では、予約制で、電話またはオンラインによる相談をお受けいたします。

 

臨床心理士・公認心理師資格をもったカウンセラーがご対応いたします。

在学生全員が対象です。新入生はもちろん、休学中の方もご利用できます。

予約された方に、学生相談室よりお電話いたします。

 

相談曜日:月~金曜日(土日祝日以外)

時間帯:10:00~ 11:00~ 13:00~ 14:00~ 15:00~ 16:00~ 

一回の相談時間は40分となります。

予約の方法

(1)メールでの予約t-yoyaku@soka.ac.jp」まで以下の内容をお送りください。追って返信いたします。

 ①「氏名」②「学籍番号」③「携帯電話番号」④「予約希望日時(第1~3希望)」⑤「カウンセラー名(担当・希望があれば)」
 

(2)電話での予約 電話番号042-691-2201(短大学生課)にお電話ください。

 「学生相談室の電話カウンセリングを希望している」とお伝えいただき、

「氏名」「学籍番号」「携帯電話番号」「予約希望日時」「カウンセラー名(担当・希望あれば)」をお伝えください。

学生の皆様へ

心の健康をまもるために

 

【感染症の流行時に普通にみられる心の反応】

・これまでに経験のない出来事ですから、不安、恐怖、怒り(イライラ)を感じるのは普通のことです。

 

【ストレスの対処するためにできること】

・信頼できる人と話すことが役立ちます。友達や家族と連絡を取ってみましょう。

 メールや電話などで人とのつながりや絆を持ち続けましょう。

・家にいることによって、家族と喧嘩をしてしまいがち、ということも起こりえます。

 その場合、少し距離を置くようにしてみる工夫をしてみましょう。

・毎日、日課を決めて、健康的な生活リズムをつくりましょう。例えば3食の食事をとる、適度な運動をする、
 ゆっくり入浴をする、早めに眠る、などを心がけましょう。

・終日、ゲームや動画、ネット動画、ネットニュースばかりという生活にならないようにしましょう。

・自分に合ったリラックス方法を取り入れましょう。例えば、身体全体を動かすストレッチ、読書、絵を描く、
 音楽鑑賞、映画鑑賞等があります。

・気持ちを落ち着けるためにタバコ・アルコール・不適切な薬剤に頼るのはやめましょう。
 どうにもならないと感じる場合には、その地域で信頼できる人や医療・保健従事者などの専門家に相談しましょう。

・正しい情報と知識を持ち、適切な対処行動をとることが大切です。あなたを動揺させたり
 不安をあおるようなメディアを見る時間を減らすと、不安や焦りを減らすことができます。

・ストレスを一人で抱えないことが大切です。必要に応じて、カウンセラーなど専門家に助けを求めましょう。
 助けを求めるタイミングは主観的なものです。「これくらい大丈夫、自分の悩みは大したものではない」などと思う必要はありません。

 

       

(参照:WHO「コロナウィルス蔓延中のストレスへの対処」IASC「新型コロナウィルス感染症の流行時の心のケア ブリーフィングノート バージョン1.5」)

創価大学保健センター

オンライン診療について

保健センターでは、学生の皆様の健康問題や不安を軽減したいと考え、電話またはzoomによるオンライン診療を実施しております。

 

診療は予約制(電話またはメール予約)となっております。

どうぞお気軽にご連絡ください。皆様のご利用をお待ちしております。

 

予約受付時間: 月~金 9:00~17:00

診療科:    内科、こころ元気科、女性専門外来

電話番号:   042-691-9373

メールアドレス:s8000@soka.ac.jp

 

短大保健室

短大保健室には看護師が常駐し、在学生の健康管理を支援しています。

利用時間
月曜~金曜(9:00~17:00)
※対面授業開始までは閉室しております。

キャンパスハラスメントに関する相談

キャンパスハラスメントに関するご相談はこちらをご確認ください。