教育学部公開授業

2017年11月16日

招聘教員シーモン・シーダー博士による公開授業を開催しました!

    11月15日、教育学部・海外招聘講師のシーモン・シーダー博士(スウェーデン・シェブデ大学)が「人間を可視化する:初期の人類進化の知識生産」と題して、
    教育学部棟102教室で公開講義を開催しました。

    公開授業要約
    今日、初期の人類に対する私たちの理解は新たに作りかえられようとしている。
    ゲノム研究は初期ホモサピエンスがいくつかの種類の異なる原始人達と異種交配していたことを証明しており、
    考古学研究は数種類の新しい人類種を発見している。こうしたことは、科学の問題である以上に全人類への問いである。
    私たちはいったいどうして人間になったのか?なぜ私たちは人類種の中で唯一生き残ってきたのか?
    本講演は、初期の人類の進化上の一般的な知識生産を教育問題として探求するものであり、アジアやヨーロッパで一般的に
    普及している科学的著書や自然史博物館から分析した。そして、進化論という考え方への教育的な可視化に焦点をおく。
    ページ公開日:2017年11月16日