各学部で実施しているグローバルプログラム

English Medium Program【EMP】とは?

留学生・日本人学生ともに、英語の授業のみで卒業できるコースの総称で、創価大学では現在11コース開設されています(2019年度時点)。
専門科目だけでなく、共通科目でも英語による授業が拡充されました。これにより、留学生は日本語の壁を感じることなく専門分野の学位を取得でき、日本人学生は留学生と共に英語で学べ、世界を体験する貴重な機会となります。
また、EMP科目や日本語で行われる科目を柔軟に組み合わせて履修することも可能です。それにより、語学の習熟度に合わせた専門的な学問への挑戦もできます。

大学院で実施しているグローバルプログラム

English Medium Program【EMP】は大学院でも開講しております。英語のみで実施されている研究科および日本語と英語両方で実施されている研究科がありますので、詳細は各研究科ページよりご確認ください。
※プログラムの詳しい内容は、英語HPをご覧ください。
■文学研究科 国際言語教育専攻 英語教育専修(TESOL)
■工学研究科(情報システム工学専攻・生命情報工学専攻・環境共生工学専攻)
■経済学研究科 経済学専攻 国際ビジネス専修(IBSP)
■国際平和学研究科(SIPS)

全学部共通で実施しているグローバルプログラム

留学体験者インタビュー&世界各国から留学日記

実際に留学した先輩達の体験インタビューや、留学先からのリアルな日記を公開!
今後留学を検討しているという方は、ぜひ参考にしてみてください!

詳細を見る

数字で見るグローバル化

凡例:実績値 目標値

外国人留学生数
2013 313
2014 401
2016 834
2018 866
2023 1162
日本人留学生数
2013 557
2014 933
2016905
2018858
20231247
外国語基準(TOEFL-iBT 80点相当)を満たす学生
2013 296
2014 721
2016 1035
2018 1228
2023 1430
シラバスの英語化
2013 533科目
2014 554科目
2016 1752科目
2018目標達成 2039科目
2023 1526科目
外国語による授業の割合
(語学科目除く)
2013 3.3%
2014 4.0%
2016 8.8%
2018目標達成 13.6%
2023 10.0%
外国語で卒業可能なコース
2013 1コース
2014 3コース
2016 6コース
2018目標達成 11コース
2023 10コース
女性教員等の割合
2013 27.3%
2014 26.3%
2016 28.7%
2018 31.9%
2023 32.9%
女性職員等の割合
2013 33.2%
2014 28.7%
2016 27.5%
2018 32.4%
2023 40.4%
外国人教員等の割合
2013 43.3%
2014 44.1%
2016 49.2%
2018 51.9%
2023 68.0%
外国人職員等の割合
2013 2.4%
2014 7.9%
2016 9.9%
2018 11.9%
2023 14.4%