教育研究上の目的および基本ポリシー

創価大学は2016年度に各ポリシーを改正しました。これらのポリシーに基づき、2018年度(一部の学部では2019年度)からの新しいカリキュラム編成に取り組んでいます。
創価大学の理念・目的(建学の精神)
創価大学は、池田大作先生により創価教育の理念を実現するため1971年に創立されました。
そして創立者は、建学の精神として、
  • 人間教育の最高学府たれ
  • 新しき大文化建設の揺籃たれ
  • 人類の平和を守るフォートレス(要塞)たれ
の3つを示しました。
創価大学の教育目標(人材育成方針)
創価大学はこの建学の精神に基づき、人類が直面する個々の問題に真摯に取り組み、知恵を発揮していく「創造的人間」の育成を目標としています。そのために「知力」と「人間力」を磨き、「自分力」(学生一人ひとりが有している可能性)を発見し、開花させる人間教育に取り組みます。
創価大学のディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
創価大学は上記教育目標の達成に向け、学部並びに全学的な教育研究組織において、
  • 知識基盤:幅広い知識と高度な専門性
  • 実践的能力:知識を社会に応用する力とコミュニケーション力
  • 国際性:多様性を受容する力と他者との協働性
  • 創造性:統合する力と創造的思考力
を身につけた世界市民となるべき人材の育成に取り組んでいます。
創価大学は、所定の期間在学し、学士課程を通じて上記の知識・技能並びに態度を身につけ、
所定の単位を修得しGPA基準を満たした学生に学位を授与します。
創価大学のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
創価大学は、創造的人間の育成を目標とし、上記ディプロマ・ポリシーに掲げる知識・技能並びに態度を修得させるために、大学全体として実施する共通科目と、各学部が実施する専門科目を、学士課程教育機構のもとに体系的に編成し、講義、演習、実習等を適切に組合せた教育を提供します。創価大学が提供する全科目にコースナンバーを付与し、順次性と体系性を明示しています。

創価大学は入学者が自立した学習者となっていけるように、初年次に基礎演習、学術文章作法、外国語等の基礎・導入科目を開講しています。初年次教育推進室が入学前教育を含めた大学全体として、その編成・調整をはかっています。また、創価大学は学生が将来を意識しながら主体的な学びを実践できるように、1年次から4年次にかけて順次性を意識したキャリア科目を提供しています。

創価大学は、全学自己点検・評価委員会を通じて共通科目・専門科目におけるコースナンバーや科目配置の妥当性と、直接・間接評価手法を用いて測定したラーニング・アウトカムズ(学習成果)の達成状況を点検・評価し、それをプログラム・レベルや授業レベルにおける教育改善や、カリキュラムの見直し等につなげることで内部質保証が機能するよう取り組んでいます。
創価大学のアドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)
創価大学はディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーに則って「創造的人間」の育成をめざしています。そこで創価大学は入学を希望する者に対して、本学の教育理念を理解し、高等学校までの教育で育成が期待される「学力の三要素」(知識・技能、思考力・判断力・表現力、主体性・多様性・協働性)にわたる基礎的な学習能力を備えていることを求めます。それらの能力を多面的に評価することを基本方針として入学試験を実施します。具体的には、
  1. 創価大学の教育理念を理解し、自身の目的観に照らして本学での学習を希望すること。PASCAL入試、公募推薦入試ではそのことを出願資格とし、「面接試験」においてもそれを評価します。
  2. 高等学校までの教育において到達目標とされるところの基礎学力を習得していること。PASCAL入試、公募推薦入試、大学入試センター試験利用入試、全学統一入試、一般入試、外国人入試では、そうした基礎学力、即ち、知識・技能、思考力、判断力等を評価します。
  3. 基礎的な英語能力を有すること。創価大学の入試において英語能力を重視します。特に大学入試センター試験利用入試、一般入試では英語の得点配分を他科目より高く設定します。また、公募推薦入試、全学統一入試、一般入試では、実用英語能力の一定レベル以上の資格・スコア等を優遇する措置を取ります。
  4. 諸問題の解決のために主体性を持って多様な人々と協働して取り組んでいく資質と意欲を有すること。PASCAL入試、公募推薦入試においては「書類審査」と「面接試験」を実施し、高等学校等までの取り組みにおける主体性、協働性、学習意欲を評価します。またPASCAL入試では「グループ・ディスカッション」、「小論文」により、協働性、表現力等を評価します。
創価大学の学士課程共通科目編成方針

創価大学の学士課程は、各学部が学部生に対して行う専門教育と、共通科目運営センターが学部を超えて全学の学生に提供する共通科目(これを共通教育と称します)から構成されます。ここでは共通教育におけるラーニング・アウトカムズ、および創価コアプログラムの編成方針について紹介します。


■共通教育のラーニング・アウトカムズ(学習成果)

共通科目は、語学を始めとする基礎的学習技能の養成、時代や社会に対する問題意識・批判的思考力の涵養、多様性を受容し他者と協働するコミュニケーション力の開発、習得した幅広い知識・技能を関連づけ問題解決に活かす態度の形成など、大学全体のディプロマ・ポリシーに謳う能力・資質の開発・養成を目指して開講されます。こうした様々なねらいを持つ共通科目を通じて学生が修得するラーニング・アウトカムズをまとめると、以下の3領域8項目に整理されます。各科目とラーニング・アウトカムズの関係はシラバスに明記され、授業担当教員がラーニング・アウトカムズの到達度を授業レベルで点検しています。
 


知識基盤(学生が何を知っているべきか)
  1. 人文・社会・自然科学、健康科学領域の基礎知識を理解する。実践的能力(学生が何ができるようになるべきか)

実践的能力(学生が何ができるようになるべきか)
  1. 多面的かつ論理的に思考する。
  2. 問題解決に必要な知識・情報を適切な手段を用いて入手し、活用する。
  3. 母語による多様な表現方法を習得し、明瞭に論じ述べる。
  4. 母語以外の外国語でコミュニケーションを図る。教養ある市民としての資質(知識と能力を用いて何を行おうとするか)

教養ある市民としての資質(知識と能力を用いて何を行おうとするか)
  1. 学びの意味や社会的責務を考え、自らの目標を設定し、自立的に学ぶ。
  2. 自他の文化・伝統を理解し、その差異を尊重する。
  3. 人類の幸福と平和を考え、自己の判断基準をもつ。
 

■科目群と創価コアプログラム

共通科目を10の科目群(①基礎科目、②大学科目、③言語科目、④世界市民教育科目、⑤人文科学系科目、⑥社会科学系科目、⑦自然・健康科学系科目、⑧キャリア教育系科目、⑨Global Citizenship Program 科目、⑩日本語・日本文化科目)に分け、多様な学術内容のバランスの良い習得を促します。特に、①から④までの科目群において、創価大学生として必ず履修すべき科目を設定することで、上記ラーニング・アウトカムズの達成に向けた共通教育の「質保証」を明示することを目指しています。これを「創価コアプログラム」と呼び、プログラムに含まれる科目については、複数の教員が担当する場合でも、授業内容、教科書、評価方法のスタンダード化をはかっています。

各学部における三つの方針(ポリシー)