ご支援のお願い

理事長あいさつ
学校法人創価大学理事長 田代康則
学校法人創価大学理事長 田代康則
平素より創価大学、創価女子短期大学に対し、深いご理解と多大なるご協力を賜り心より御礼申し上げます。
学生にとって有意義な創大四年間、短大二年間となるよう、本学はこれまで奨学金制度の充実に積極的に取り組んで参りました。これにより経済支援、留学支援、また成績上位者を奨励するなどの返還義務のない奨学金の採用者数は、5年前の2013年度の延べ1,517名(学生数比19.7%)から、2017年度の延べ2,862名(同比38.1%)へと、ほぼ倍増することができました。
学生生活の支援でも、新宿‐創大間を運行する「シャトルバス」(年間延べ約63,000名が利用)の運賃の一部補助、また学生の健康促進のために、料金の一部を補助しての「100円朝食」(年間延べ30,000名が利用)、「50円サラダ」(年間延べ20,000食)を提供して参りました。その他にも就職支援として、「地方Uターン等就職支援制度」では、学生の就職活動・教育実習・看護実習のために、出身地等に戻るための交通費を一部助成しており、これらの支援に対し、多くの学生から喜びの声を頂戴しております。
このように学生を全力でサポートすることができますのも、ひとえに、創立者の理念に共感し、真心のご支援をくださる皆様のお陰です。あらためまして深く感謝申し上げます。
本学は2014年に文部科学省から、日本のグローバル化を強力に牽引することを目的とした「スーパーグローバル大学創成支援」事業に採択されました(全国で37大学が採択)。本年2月に実施された中間審査では、本学のこれまでの取り組みが評価され、最高評価である「S」評価を得ることができました。
このプログラムの最終年度となる2023年度に向けて、「外国人留学生の受入れ」や「日本人学生の海外派遣」「語学力の向上」等について、本学が掲げた最終目標を達成するためには、より一層の努力が必要となります。そしてこの取り組みを推進するにあたり、奨学金等の財政面の更なる拡充が必要となることから、今年度より「スーパーグローバル大学創成支援事業推進基金」を新たに設け、ご支援のお願いをさせて頂くことになりました。
創価大学・創価女子短期大学はこれからも創立者 池田大作先生が示された「学生第一」の精神を堅持し、学生の成長を全力で応援して参ります。そして世界で活躍できる人材を育成するために、教育・研究環境の更なる充実に向けても全力で取り組む決意です。
皆さま方におかれましては、本学の取り組みに対しまして、引き続きのご理解とご協力を賜りますよう衷心よりお願い申し上げます。
 
2018年4月
学校法人 創価大学 
理事長 田代 康則

ご注意事項(ぜひご一読ください)

  • 来年度(例:平成31年4月)に本学への入学を希望される子女をお持ちの方は、本年度(例:平成31年3月末まで)にはご寄付をお受けできない場合があります。詳しくは企画部校友課にご相談ください。
  • 各種団体(会友会等)からのご寄付については、上記の寄付とは異なります。詳しくは企画部校友課にご相談ください。
  • 寄付に関する次のような依頼はしておりません。詐欺等の違法行為にご注意下さい。

創価大学から直接E-mailによる依頼

創価大学から直接電話による依頼

  • お振込み手数料について
    当大学指定の銀行における、本支店間お振込みにつきましては、手数料が無料になります。
    又、個人の寄付の場合、ゆうちょ銀行への指定用紙によるお振込みにつきましても手数料は無料です。
    それ以外の場合は、手数料がかかります。
  • 金融機関での本人確認
    10万円以上の現金でのお振込みに関しては、金融機関において本人確認が行われる場合があります。
  • 個人情報保護について
    お知らせいただきました個人情報につきましては、寄付の業務以外には使用いたしません。
お問い合わせ
創価大学 企画部校友課
〒192-8577 東京都八王子市丹木町1-236
電話:042-691-2213 / FAX 042-633-4945
メールアドレス:kifu@soka.ac.jp