• 理工学部トップ
  • 理工学部TOPICS
  • 本学工学研究科学生が、情報処理学会マルチメディア、分散、協調とモバイルDICOMO2019シンポジウム ヤングリサーチャ賞を受賞

2019年07月11日 13時27分

本学工学研究科学生が、情報処理学会マルチメディア、分散、協調とモバイルDICOMO2019シンポジウム ヤングリサーチャ賞を受賞

    本学工学研究科学生が、情報処理学会マルチメディア、分散、協調とモバイルDICOMO2019シンポジウム ヤングリサーチャ賞を受賞

     7月3日から7月5日まで、福島県磐梯熱海にて開催された情報処理学会マルチメディア、分散、協調とモバイルDICOMO2019シンポジウムにおいて、本学工学研究科情報システム専攻・博士前期課程の福岡宏一くんが、ヤングリサーチャー賞を受賞しました。

     本シンポジュームは、毎年、情報研究領域に関わる10研究会が合同開催する情報処理学会最大の研究発表会の一つであり、今年は約400件の発表がありました。福岡くんは、「データ送信量解析を用いたアドホックネットワークの動作推定手法の提案」のタイトルで、自動車の自動運転を実現する無線ネットワーク動作を推定する監視手法を提案し、高い推定精度を実現したシミュレーション評価結果を報告しました。

     福岡君は、「賞を頂けて光栄です。これを励みに、より一層研究に邁進していきます。」と語りました。

     

    ページ公開日:2019年07月11日 13時27分