• Tag:
  • 留学日記(イギリス・バッキンガム大学英語DD9期 2021年5月15日) 

2021年05月15日 16時25分

留学日記(イギリス・バッキンガム大学英語DD9期 2021年5月15日) 

2021年5月15日(土)英語DD9期生の出発式が行われました。
席上、田代理事長より助成金決定通知書が授与され、留学の決意を語り合いました。


英語DD9期生3名は2021年4月より、オンラインでバッキンガム大学の留学を開始しています。
以下、3名の決意を掲載します。

 

新型コロナウイルス感染拡大の中、創立者や創価大学・バッキンガム大学の教職員の方々、両親、友人など多くの方々に支えられ、オンラインではありますがバッキンガム大学で勉強出来ていることに、感謝の思いでいっぱいです。支えてくださる全ての方々への報恩の思いを忘れず、DD9期生3人で互いに鼓舞し合いながら、勉学に励んで参ります。また、イギリスでの様々なご縁を大切にし、創価大学の代表であるとの自覚を忘れずに行動して参る決意です。(R.T.)


本日は、DD9期生の一人として出発式を迎える事ができ、本当にうれしく思っています。英語DDは、私が創価大学を志望する一番大きな理由でした。去年の準備コースが始まってから、本当に多くの方々に、様々な面で支えていただき出発式を迎える事ができ感謝の気持ちでいっぱいです。また、先月の授業開始からも先輩方や9期の仲間をはじめ、両大学の方々に支えていただきながら勉学に取り組めていることに感謝しています。いまだに渡英が難しく、不確定な事が多いですが、今、自身がいる環境の中でその利点を大いに活かし、今できることに最大限取り組み、後悔のない留学生活にする決意です。また、渡英後も様々な困難を自身の成長の糧にし、今まで支えていただいた方や国際社会に貢献できる人間に成長していきたいと思います。(N.S.)

小学生の頃からの夢であった留学が現実のものとなり、うれしさに浸る一方、現地に行って学ぶことができずに悔しさもあるのが今の正直な気な気持ちです。しかし、僕には大きな使命があります。それは、創価大学教育学部生で最初で最後の英語DD生として学び抜くことです。この使命を全うすべく、「英知を磨くは何のため」との創立者のお言葉を胸に勉学に励むことで、自身の成長へと繋げるとともに、関わってくださっている全ての方々に感謝の気持ちを伝えていきます。(H.A.)

ページ公開日:2021年05月15日 16時25分
  • キャンパスガイド2022文学部
  • 英語DD
  • 中国語DD
  • 【留学日記】イギリス・バッキンガム大学 夏期語学研修
  • 【留学日記】インド・セントスティーブンカレッジ 春季語学研修