理念と目標

文学部における3つのポリシー

文学部の理念・目的、教育目標

文学部は、「生命の尊厳の探究者たれ!」「人類を結ぶ世界市民たれ!」「人間主義の勝利の指導者たれ!」の3指針を掲げ、言語、文学、哲学、歴史、社会など、広範な文化領域にわたる教育および研究を通して、内外で活躍しうる「創造的人間」を育成することを教育目標として掲げています。
文学部は次のような人材の育成をめざしています。
  1. 人間として、幅広くかつ深い教養を身につけ、自己啓発・自己実現する力をもった人材
  2. 文章力、発表力、情報収集力、語学力など、時代の要請に対応したコミュニケーション能力を身につけた人材
  3. 専門分野の知見を活かしつつ、新たな課題を探究する人材
  4. 人間主義の立場から、社会の諸問題の解決に取り組む人材

ディプロマ・ポリシー

文学部の教育目標に基づき、学位授与の要件として、以下のことを求める。
  1. 深い教養を身につけ、人間・世界について幅広い視点から考察することができる。
  2. 語学力とともに、歴史、文化、社会を理解することで、世界市民としてのグローバルなコミュニケーション能力を身につけている。
  3. 専門的学問領域での分析方法を身につけ、新たな課題を探究することができる。
  4. 生命の尊厳の理念を理解し、人間主義の立場から現実社会の諸問題に取り組むことができる。

カリキュラム・ポリシー

文学部の教育目標を達成するために、以下の方針に基づき、教育課程を編成している。
  1. 主体的・能動的な学修のために必要なアカデミック・スキルを修得するための科目を、1、2年次に配置する。
  2. 人間学を基礎に、言語・文学・哲学・歴史・社会など幅広い教養が身につくように科目を配置する。
  3. 英語・中国語・ロシア語などの語学力と、異文化コミュニケーション能力を育成する科目を(「グローバル科目」として)配置する。
  4. 専門的学問領域の方法・知識を体系的に学修できるように、イントロダクトリー・ベーシック・アドヴァンストにレベル分けした科目を配置する。
  5. 専門分野での課題探究能力を育成するために、3・4年次に演習科目、卒業論文研究を配置する。
  6. 社会福祉専修では、社会福祉分野の専門家として必要な実践能力を養うための科目を配置する。

アドミッション・ポリシー

文学部は、学部の教育理念に賛同し、一定水準の論理的思考力・語学力・コミュニケーション能力を備え、人間への幅広く深い関心を持った意欲的な学生を、積極的に受け入れます。文学部が学生に求める資質は以下のとおりです。
  1. 人間・世界について深く探究しようとする学生
  2. 異文化に対して積極的な関心を持ち、コミュニケーションを取ろうとする学生
  3. 現実社会の問題に関心を持ち、主体的に問題を探究しようとする学生