2019年11月15日 14時00分

栗山ゼミ「人のマネジメント」OB海外活躍紹介

辻塚 秀幸 さん(在ブルネイ日本大使館、専門調査員、創大38期)
森 浩祐 さん(在ラオス日本大使館、専門調査員、創大43期)
栗山ゼミは、「人のマネジメント」を専攻するゼミです。指導教員が元国連機関職員として、スイス・ジュネーブにあるILO本部に勤務した経験から、国際社会で通用する知識とスキルを身につけることをモットーとしています。実際にILO職員としてアフリカで児童労働の撲滅に活躍している卒業生や海外の人材開発分野で活躍する専門家も多く輩出しております。
 ここでは、大学院に進み、日本大使館で専門調査員として勤務する2人の卒業生を紹介します。現在の仕事の内容と今後の抱負、そして受験生へのメッセージを送ってもらいました。
左より、創価大学で学んで帰国したディラさん、駐ブルネイ日本大使の山本大使、辻塚さん。
辻塚 秀幸さん(在ブルネイ日本大使館、専門調査員、創大38期)

1.現在の仕事内容
ブルネイの政治・経済に関する情報収集及び関連資料作成ほか。

2.これからの抱負
学生時代からの目標である国際機関勤務(特にILO)に向け,専門的な知識と経験を一歩ずつ積み重ねていきたいです。

3.受験生へのメッセージ
苦しい時もたくさんあると思いますが,あきらめず,その時々の自分にできることを一つずつやり切っていって欲しいです!負けないで!
ラオスの有名歌手を囲んで、在ラオス日本大使館の同僚と右から2人目が森さん。
森 浩祐さん(在ラオス日本大使館、専門調査員、創大43期)

1. 現在の仕事内容
在ラオス日本国大使館にて、専門調査員として経済及び経済協力案件を担当しています。具体的には、ラオスの財政や経済動向の情報収集等に従事し、ラオス政府を始め各国の大使館や各国際機関との連携を通じて、ラオスの発展及び日ラオス友好促進につながる活動を行なっております。

2. これからの抱負
これまでお世話になった方々の恩に報いるためにも今まで以上に自分を磨き、社会に少しでも付加価値を生み出せるような労働分野における専門家になりたいと思います。

3. 受験生へのメッセージ
何もかもうまくいかず、挫折しそうになる時があると思います。自分も受験時にはもがいていました。ただ、自分が頑張ったことや努力したことは、必ず何かしらの良い結果につながると思います。諦めず、今日だけ勝つと決めて、共に頑張りましょう!応援しています!!
ページ公開日:2019年11月15日 14時00分